CANNONDALE

CANNONDALE TRAILキッズシリーズ

 

2018モデル入荷ラッシュの中、今期大注目バイクが入荷して来ました!

 

TRAIL BALANCE

 

TRAIL BALANCE

ようやく、ラインナップに並びましたキャノンデールのキックバイクです。

 

キャノンデールなら、もちろんっ!

 

TRAIL BALANCEのサムネール画像

 

 

片持ちフロントフォークですね。

完全に親の方ががテンション上がるヤツです・・・。

 

 

 

 

 

そして、10月に入って冬物ウエア、アクセサリー類も入荷して参りました。

 

さすがは、海老名のお客様達。

並べて早々、『冬物はすぐ無くなるから』と、続々と店頭在庫がなくなっております。

そうです!

毎年の事ながら、冬物は冬には完売してしまいます。

冬の準備は、お早めにお願い致します。

2018 CANNONDALE

 

昨日は、お問い合わせの多かったキャノンデールの展示会&試乗会に参加して参りました!

 

毎回、他社とは違う斬新な切り口で、NEWモデルが発表されますが、

今回もヤラれました・・・。

 

 

 

いろいろとありますが、少しだけ紹介。

まずは『CAAD12』

 

カーボンキラーとして名を馳せて、人気のアルミフレームとなりましたが、

なんと、カラーオーダーが可能となりました!

2018 CANNONDALE

 

これで、自分だけのCAAD12を・・・。

もう、『一家に一台CAAD12』という時代です。

 

 

そして、今回一番度肝を抜かれたのが『SYNAPSE』

 

SYNAPSEの位置づけは、もちろん変わらずエンデュランスロードバイク。

いかに快適で、乗り心地がよく、楽に、遠くまで走れるか・・・。

そこを突き詰めたバイク。

 

それじゃあ、どこまで走れるんだ?

ということで・・・

 

 

2018 CANNONDALE

 

少々、攻めてみました。

SYNAPSEはグラベルロードではありません。

生粋のロードバイクです。

 

他のディスクロードバイクでオフロードを走ると、車体は跳ね上がり、バイクは安定せず、

相当なスキルを持ち合わせてないと、走行は困難ですが、SYNAPSEは違いました。

抜群な安定性を発揮し、難なく走り抜けられます!

これには、試乗したYOUCANスタッフ全員が驚きました!

 

グラベルロード並に安定性を誇る上、ロードバイクなので軽量となっているので、

オフロードの登りもスイスイ登れちゃいます。

 

2018 CANNONDALE

 

まわりの試乗の方はキャノンデールが誇る

オフロードバイク『SLATE』

に乗って行くコースなのに、『SYNAPSE』でも

難なく走ることが可能!

 

 

 

 

2018 CANNONDALE熱いですっ!

只今、絶賛予約受付中です!

カラーオーダー等は納期がかかりますので、お早めにお願いします。

 

 

2018 CANNONDALE

 

 

 

 

 

 

店長イチオシはコレです。

Synapse Hi-Mod Red22 大特価です!!

こんにちは、スタッフ湯本です。

 

先週末に怪しい箱がお店に届きました・・・

その怪しい箱は各店舗に送られたようで、中身は開けてからのお楽しみ状態でした・・・

他のお店のブログでもそろそろ中身を紹介するのではないかと思います。

 

海老名店にやって来たのはコレでした↓

20151110135604_IMG_0659.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大出血特価車、Synapse Hi-Mod red22(フレームサイズ51)でございました!!

2014年モデルの完成車になりますが現行のフレームやコンポーネントが使われているので、デザインやサイズが合っていれば最高の選択肢になるかと思います!

 

 

20151110135656_IMG_0660.JPG20151110135827_IMG_0663.JPG

 

 

 

 

 

 

 

20151110135947_IMG_0665.JPG20151110140020_IMG_0666.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

走りと快適性の完全なる融合を実現している特徴的なフレームやフォーク。

路面の荒れや段差を感じさせずに、まるで絨毯の上を走っているかのような振動吸収性を持っています。

そんなマイルドさを持ちつつも、Cannondaleならではの鋭い走りや扱いやすいハンドリングは健在です!

ホイールはMAVIC Kisyrium Eliteを履いており抜かりはありません!

 

 

 

20151110141222_IMG_0677.JPG20151110140235_IMG_0670.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

メインコンポーネントに現行モデルであるSRAM RED22を使用し、クランクはCannondale SISL2 と、この上ないアッセンブルです。

 

 

まさにフラッグシップの完成車ですが、超特価にて販売致します!!

 

価格は店頭でご確認下さい。

ご来店お待ちしています!!

CAAD12 組み上がりました!!

お待たせ致しました。

先日紹介したCAAD12 105が予定通り入荷致しました!!

20150829_134439.jpg

 

 

 

 

 

 

ちゃんと各部をバラして点検し再組立て!!

作業した感じだとフレーム精度も良いですね!

 

20150829_155732.jpg20150829_175837.jpg

 

 

 

 

 

 

ワイヤー類も無駄なく綺麗に整えて調整。

スッキリと収まりました♪

 

 

20150830_164607.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで初回入荷分3台、作業を終えて展示してあります!!

 

20150830_164640.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

REP(ブラック/グリーン/シルバー)カラー サイズ50

 

20150830_164708.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NSP(ネオンスプリング/ブラック)カラー サイズ52

 

20150830_164757.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PRM(ブラック/グレー)カラー サイズ48

 どれもデザインが綺麗なので、どの色にするか迷ってしまいますね!!

 

 

 

そしてこのCAAD12、一見するとCAAD10を思わせるフォルムですが細部を見ていくと全てのパイプ形状が変わっており、10→12に飛んで進化しただけのことはあるな、と感じさせてくれます。

 

20150830_124754.jpg20150830_124707.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20150831_113040.jpg20150830_190039.jpg

 

 

 

 

 

 

爆発的な加速を生む為の絶対的な剛性と、意思通りの旋回や確実な路面追従を可能にする靭やかさを一つのフレームに。

 キャノンデールの理想を追い求め続ける探究心が、アルミニウムを伝説的なレースバイクへと仕立て上げました。

 

 

20150830_164840.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 開発にフレームと同じかそれ以上の労力を使った」と言うフロントフォークはnew SUPERSIX EVOと同じものが採用され、横剛性の強化とともに振動吸収性も向上しています。

優れたフレームと相まって、完璧な走りを提供します。

 

 

20150830_164828.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンポーネントは105メインにSIクランク、ホイールにはMAVICのAKSIUMを使用しコストパフォーマンスも抜群です。

"BB30A"という新規格のため従来のBB30クランクは使えませんが、SHIMANOのクランクはアダプターを介すことにより使用可能です。

 

 

 

 20150830_165113.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAAD12の小冊子をご用意しています。 

 「アルミフレームの神、ここに有り」

キャノンデールも気合が入っていますね!!

 

 ご注文、ご予約受付中です。

お探しの方はお気軽にご来店下さい!!

CAAD12 ラインナップ

tech-bg-1.png

アルミ製ピュアレーシングバイクとして絶対的な地位を築き上げ、カーボンフレームが主流になった昨今では「カーボンキラー」として常に話題の中心になるCAADシリーズ。

フルモデルチェンジを行った後も旧モデルが色褪せない魅力を持ち続けるのは、CAADシリーズの走行性能の高さが、常に一時代の基準となるからではないでしょうか?

 

cannondale 展示会 071.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年間に渡りその地位を守ってきたCAAD10がフルモデルチェンジを行い、CAAD12となって今月末にも入荷する予定です!

10→12に飛んだように、フルモデルチェンジによる改良点は多くて書ききれません・・・

また、ジオメトリー(設計値)が変わったのでフレームのサイズ出しがシビアになる可能性があります。

詳細は店頭にて説明致します。

既に様々なメディアに情報が出ていますが、改めてラインナップの紹介です。

 

c16_c13106m_ble.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAAD12 BLACK INK

フラッグシップに相応しくDURA-ACEメインで組まれており、CAAD12シリーズで唯一Hi-Modカーボンを使用したフロントフォークとなっています。

 

 

 

C16_C13246M_RED.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAAD12 ULTEGRA 3

コンポーネントはメインにULTEGRAを使用し、クランクにHOLLOGRAM Siを装備するなど抜かりのない仕様となっています。

 

 

 

C16_C13306M_BLU.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAAD12 105 DISC

CAAD12はディスクブレーキモデルのフレーム造りに相当気合が入っており、高強度なブレーキマウントを装備しつつも、前作より200g以上軽量化しています。

メインコンポーネントに105を使用しています。

 

 

 

C16_C13346M_PRM.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C16_C13346M_REP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C16_C13366M_NSP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAAD12 105

コンポーネントに105を使用したモデル。

¥210,000-(定価・税抜き)という他社のエントリーカーボンバイクと全く同じ価格帯で設定されており、まさに「カーボンキラー」を感じます。

 

と、以上の4モデルになります。

 

店頭に在庫が無く、取り寄せになる通常注文分であっても9月中旬~10月下旬には入荷する予定です。

 

お探しの方は是非店頭でご相談下さい!!

CAAD8 2016 ラインナップ

数日前から気温が下がりとても過ごしやすくなってきました。

乗りやすくなる秋から自転車を始めてみよう♪、という方も多いのではないでしょうか?

 

 

20150825_162813.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前も少し紹介しましたが、初めてのロードバイクをお探しの方に人気なのがCannondaleのCAAD8シリーズ!

エントリーモデルながらCannondaleらしいスムーズでキレのある走りは、「ロードバイクの愉しさ」を強く感じさせてくれる一台です。

 

2016年モデルのCAAD8は既に販売が始まっており、お求めになる方も多くいらっしゃるのですが、例年通りお渡しできるカタログがまだ来ていません・・・

HPには載ってるでしょ!と思ったもののまだ載ってないのですね・・・

という訳でラインナップの紹介です。

 

フレームは基本的に一緒ですが、コンポーネント(部品)の違いにより3つのグレードがあります。

 

CAAD8-5_BLK_7.jpgCAAD8-5_RED_8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CAAD8105     

ブラックとレッドの2色展開です。

コンポーネントは105を使用しています。

 

 

CAAD8-6_BLU_8.jpgCAAD8-6_REP_6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CAAD8 Tiagra     

ホワイトとレプリカ(ブラック/グリーン/ホワイト)の2色展開です。

 

20150825_162824.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンポーネントはフルモデルチェンジされたnew Tiagraを使用しています。

 

 

 

CAAD8-7_BBQ_8.jpgCAAD8-7_MDN.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CAAD8 SORA     

BBQとモンドリアン(メタリックブルー/オレンジ/レッド)の2色展開です。

コンポーネントはSORAを使用しています。

 

 

以上の3モデルです。

現在メーカーでは、一部のサイズを除きほぼ全て在庫しています。

取り寄せした場合でも1週間ほどでご納車できますので、お探しの方はお気軽にご相談下さい。

2016 QUICKシリーズ

しばらくの間クロスバイクが店頭にほとんどありませんでしたが、2016年モデルが入荷し始めました!!

 

20150801_145603.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CannondaleよりQUICK4&QUICK5が全色入荷です!

スポーツ自転車の中でクロスバイクは最も人気のあるバイクですが、ちゃんと開発が進んでいて走りも良く、サイズなどが充実しているメーカーは意外と少なく感じます。

その辺がしっかりしているアメリカメーカーはスペシャライズド、トレック(当店では取り扱いございません)、そしてキャノンデールくらいではないでしょうか??

その中でキャノンデールの特徴としては、優れた振動吸収性などによる「乗りやすさ」だと思います!

アップライト(上半身が起きた)な姿勢も取りやすく、初めての方でも安心して乗れるバイクになっています!

 

 

20150801_145634.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QUICK4 WHT(ホワイト)

 

 

20150801_145717.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QUICK4 COB(コバルトブルー)

 

 

20150801_145741.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QUICK4 BBQ(バーベキュー)

 

 

20150801_145817.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QUICK5 REP(レプリカ)

 

 

20150801_145800.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QUICK5 BLK(ブラック)

 

と、QUICK4が3色、QUICK5が2色展開になります。

 

 

 

20150801_145945.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年モデルからの変更点としては、QUICK4・QUICK5共にコンポーネントは同じものが採用され、シフト一体式のSHIMANO製ブレーキレバーになりました。

その為QUICK5は9速となり、ブレーキのタッチも向上しています。

 

 

20150801_145915.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QUICK4とQUICK5の違いはフロントフォークとホイールだけになりました。

フォークは4のカーボン製に対し、5はアルミ製です。

4のフォークの方が重量が軽く、振動吸収性にも優れています。

 

店頭にないサイズはお取り寄せ致します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

毎日暑い日が続きますね・・・

スポーツ自転車を始めてみたいけど、この時期はチョット・・・という方も多いと思います。

僕らでも昼間に自転車乗ると「俺、何してんだろ・・・」って思うほど暑いですからね・・・

 

9月から始めようと思っているのであればこの時期に予約するのがオススメです!!

毎年7~8月に新モデルが発表され入荷が始まるのですが、涼しくなると需要が集中し、モデルによりお探しのサイズやカラーが一時欠品することが多くあります!

お待ち頂ければ第2便が年末にかけて入荷しますが、その頃は寒くなってしまうので・・・

バイクをお探しの方お気軽にご相談下さい!!

cannondale の展示会&説明会へ行ってきました!

他の店舗のブログで紹介されていますが、先週はCannondaleの展示会へ行ってきました!

山梨県は北杜市にあるリゾナーレ八ヶ岳へ。

(勿論、こんな素敵なところには泊まっていません・・・)

20150716_104234.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YOUCANスタッフ全員集合!!

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てが新しくなったsupersix evoや、もはや神格化されたらしいCAAD12、ニューバイクのSLATEなどの座学を2時間ほど聞きます。

2016年モデル、とても気合が入っております!

 

 

20150716_103051.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「BALANCE OF POWER」をコンセプトに、全てを作り直し、全ての性能を向上させたNEW SUPERSIX EVO。

完成車ではDURA-ACE仕様、ULTEGRA仕様が選択できます。

(ULTEGRA仕様、ビックリする価格設定です!!)

 

 

20150716_103148-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAAD10を追従して来ている他社を、また引き離してしまったCAAD12。

元祖「アルミバイク屋」が造る、本物のアルミバイクシリーズがフルモデルチェンジして登場です。

DSC_0064.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートチューブが長くなっているのでサイズ出しが難しいですが、価格もそれほど変わることなくコストパフォーマンスも最高です。

 

 

 

DSC_0061.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性モデルのCAAD10 WOMAN'S。

鮮やかな発色のピンクは、会場で一番目立っていました!!

 

 

20150716_102813.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAAD8は継続です。

CAAD8-6はNEW TIAGRAを採用しており、上位モデルと比べても遜色ないデザインとなっています。

そしてCAAD8-7には新色のモンドリアンが登場します。

 

 

20150716_102852.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"アメリカの変態"ことCannondaleならではの新型バイク「SLATE」。

独自ジオメトリーのフレームにサスペンションを付け、ドロップハンドルにタイヤは650Bと、まさにロードとMTBの折衷バイク。

ホイールを700Cにして、シクロタイヤを履けば高低差のあるシクロクロスなんかでも活躍しそうです。

 

 

20150716_102738.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

XCレーサーのF-si。

試乗しましたが超良かったです!!

自分のような貧脚には登りが云々なんて偉そーなこと言えませんが、それでも登りが楽しくなるくらい楽で、さらに下り性能と言ったらもう・・・

試乗コースの下りは、ふじてんの馬車道コースを超シングルトラックにして、斜度をチョット抑えた感じ?ですが、このバイクはもはやブレーキ要らずでした!

他のバイクでは軽~く「当てる」ような扱い方をする所も、ス~っとグリップしたまま通過し、切り返しなんかでも29erも全く感じさせません!

コース的にも、滑らしたり滑っちゃったりするような難しいところはありませんでしたが、「ハードテールダウンヒルでも最速なんじゃないか?」くらいのポテンシャルを感じました。

これこそ真の「オールロードバイク」って感じでした。

 

 

20150716_102958.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに2016年はF-siはラインナップが増えます!!

アルミモデルも用意され、価格も19万円からとお求め易くなりました!!

F-siの試乗がMTBデビューとなったYOUCAN新人スタッフは、MTBにハマってしまった様で「MTBヤバイです!楽しいです!」と言っていました(笑

 

 

 

 

DSC_0059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも各スタッフが様々なバイクを試乗しました。

バイクの印象や詳細などは、店頭で詳しく説明致します!

 

 

ご来店お待ちしています!!

ALL NEW SUPERSIX EVO!!

今年は変わるのか!?どうなんだ??と言われ続けて幾星霜・・・

既に完成の域に有り、もうこれ以上改良できないんじゃないか?と言われていました。

いつも話題の中心にあったCannondaleのSUPERSIX EVOがとうとうフルモデルチェンジするようです!!

 

1435506773609-1j25r1xl3ykq7-700-80.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ALL-NEW SUPERSIX EVO!!

見た目はビックリするくらい変わってないですね・・・

奇をてらったデザインにしてモデルチェンジを謳うのではなく、このデザインのまま性能の向上を求めるのがCannondaleのスタイルですね。

同じ見た目ですが開発に3年を要し、まさにALL NEWになっているようです。

 

 

 

SuperSixEVo_2016_CS-1024x512.jpg

 

 

 

 

 

 

 

細部を見ていくとチョットずつ変わってますね。

チェーンステイは左右非対称設計になったのだとか。

 

 

 

SuperSixEVo_2016_Fork.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークもスリムになり、振動吸収性やエアロ性能が向上したとかです。

 

 

既にCannondaleの本国サイトに載っていました↓

http://www.cannondale.com/nam_en/supersixevo16/bikes/

 

save-tech-long.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・新しいSPEED SAVEテクノロジーを使い、15%滑らかなフレームに。

・新しいSPEED SAVEテクノロジーを使い、21%滑らかなフォークに。

・25.4mm径になったシートポストにより36%快適に。

 

 

tap-tech-long.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・性能がフレームサイズによって左右されないように、カーボンの積層をサイズに合わせてカスタマイズしています。

・BB30A規格を採用し、BB付近の剛性が11%向上。

・ヘッドも新設計となり剛性が12%向上。

・エアロ性能の向上。

 

という感じでしょうか?

 

ツールでは新型SUPERSIX EVOにチーム全員が乗るということです。

とても楽しみですね!!

7月中旬に展示会があるので、価格やラインナップが分かると思います。

 

 

 

 

 

 

また、一時「完売」となっていた2015年モデルのCAAD8などがメーカーに再入荷しています。

お取り寄せできますのでお探しの方はご来店下さい!

2016 CANNONDALE CAAD8編

本日のビギナーライドは雨のため中止となりました。

楽しみにして頂いた方、申し訳ありません。

来月にも行いますので宜しくお願いします。

 

 

ところでエントリーのロードバイクは、そのオーナーさんが「自転車乗り」になるか、「ガレージの飾り物」として終わるかを決める重要なバイクであります。

エントリーモデルながら、Cannondaleらしい走行性能で人気のCAAD8シリーズ。

20150614_132636.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

115,000円~165,000円という価格でラインナップされており、共通のフレームを使用しているのでカラーやコンポーネント、予算によって選ぶことができます。

しかしながらメーカーではサイズやカラーによって完売が出てきてしまいました・・・

 

 

そのため2016年モデルのCAAD8 SORAが先行発売されています。

一部カラーが変更していますがコンポーネントは基本的に変わらず、継続モデルになります。

 

CAAD8 SORA7 BBQ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年定番のBBQカラー。

 

 

CAAD8 SORA Midnight Blue.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーメタリック/オレンジ/レッドの新色、モンドリアンカラー。

 

 

の2色になります。

価格は2015年モデルから少し上がり125,000円(税抜き)となります。

2015年モデル、2016年モデル共にメーカー在庫分は取り寄せできます。

お気軽にご相談下さい。

1