ホーム > 富士店ブログ > > ツールドおきなわ対策 機材編
富士店ブログ

ツールドおきなわ対策 機材編

こんにちは、富士店の大塚です。

今回は、ツールドおきなわで使用する機材を紹介します。

 

・フレーム

スペシャライズドS-WORKSターマックSL6

DSC_0056.JPG

この一年間、高剛性フレームに負けない足を作って来た… つもりです。

 

・コンポーネント

シマノ デュラエースDi2 R9150

もう機械式には戻れません。

 

・ホイール

スペシャライズド ロバールCLX50orCLX32

DSC_0140.JPG

登りが多い沖縄で、軽いCLX32でいきたい所ですが

下りもスーパー速いらしいので、CLX50も捨てがたい。

どちらも軽いし、エアロ効果も高いので迷ってます。

 

・タイヤ チューブ

DSC_0142.JPG

ツールドおきなわ市民210キロ、上位陣定番の組み合わせが、

GOKISOホイールに、タイヤはコンチネンタル スーパーソニック、チューブがSOYOラテックス

と言う組み合わせらしいです。

GOKISOホイールは持っていませんが、スーパーソニックにラテックスは出来そうです。

ただ、沖縄は雨が降るとかなり滑るらしいので、

雨でも安心安全 信頼と実績のグランプリ4000SⅡとか、

IRCフォーミュラープロRBCCチューブレスなども良いかもしれません。

 

・ギア

フロントチェーンリング 53×40

リアスプロケット 11×25、12×25、11×28、12×28

フロントは、今年ずっとこれでやって来たので、変えません。

リアは悩みどころです。登りを考えると28Tが有ると楽ですが、クロスレシオでは無くなる。

速い下りを考えると11Tが欲しい(80km/hを超えるそうです。)

ああ、どうすれば良いのか…。

 

・ヘルメット シューズ

OGKカブト AERO-R1  

S-WORKS 6ROAD

DSC_0144.JPG

ヘルメットは、流行りのOGKエアロR1。

エアロ効果と通気性、軽さも良い感じです。

シューズは、履きなれたS-WORKS6ROAD。

アメリカンカラーがお気に入りです。

 

優柔不断な感じで、本番まで3週間を切ってもなかなか決めきれていない所もありますが

本番ギリギリ前になって慌てることの無い様に、早め早めに用意していきたいです。