ホーム > 富士店ブログ > > ビックプーリー
富士店ブログ

ビックプーリー

 こんにちは、富士店スタッフ大塚です。

 

ビックプーリーを使っている人増えましたね。

自分もビックプーリーを使っています。

 

ビックプーリーの利点は、

チェーンの屈折度合が緩くなるので、チェーン抵抗が減る。

プーリーの歯数が増えると、プーリー自体の回転数が減り、ベアリングの回転抵抗が減る。

などが挙げられます。

 

セラミックスピード社によると、

プーリーが上下17Tのモデルで、摩擦抵抗60%減。2.4ワット以上のパワーセーブ。

40キロタイムトライアルで、12秒短縮との事。

 

自分は、セラミックスピードとRIDEAを使っています。

 

 DSC_0409.JPG

セラミックスピードOSPW COATED 下19T、上13T

・セラミックベアリングをクロムコーティングした最高の回転性能。

・値段は高いが、最高の回転性能(と、優越感…)が売り。

 

DSC_0407.JPG

RIDEA C60 下20T、上16T、フルセラミック。

・上下プーリが大きく、チェーン屈折度合が緩い。

・プーリーが樹脂製で、チャリチャリ音がし難い。

・プーリー自体がナローワイドギアの為、外れ難い。

・お手頃価格のモデルも有ります。

 

使った感じは、どちらもビックプーリー特有の回転抵抗の軽さが感じられます。

手でクランクを反回転させると、抵抗の少なさにビックリします。

変速性能は、純正が10としたら、どちらも9~9.5ぐらいでしょうか。

使い始めた時は、変速性能に少し違和感が有りましたが、もう全く気にならないくらいです。

ただ、ビックプーリーの変速調整は、純正と比べると少しシビアなモデルも有ります。

変速性能の低下というデメリットを理解した上で、少しでも軽く走りたい方には おススメです。