2019年11月

オーバーホールキャンペーン中です!

スタッフ浅野です。

只今、YOUCAN各店でオーバーホールキャンペーン中となっております。

自転車には消耗部品が沢山あります。タイヤ、ワイヤー、チェーン、ブレーキシュー、ベアリング、MTBでしたらブレーキオイルなど。
コンポーネントも日々の汚れなどで動きが悪くなっていたりします。個人でメンテナンスをするのは中々難しいですよね。

そして、ご好評いただいているのが、オーバーホールキャンペーン
オーバーホールは一年中受け付けておりますが、ぜひお得なキャンペーンをご利用ください!

 

◆オーバーホールの目安は、

・レース、イベントに沢山参加されている方は、1年

・週末のみにライドされる方、 2年〜3年

走る環境や車体の状態で大きく異なるので、わからない方は、ご相談ください。
修理のお見積りやご相談だけでも歓迎です。

 

★ オーバーホールの一部メンテナンスをご紹介 ★

A806C6A1-DBA2-4C51-99FB-C0E3C7AE3B81.JPG

リアサスペンションのエアースリーブ交換。
フルサスペンションのMTBをお持ちの方は定期的に交換をオススメします。

スタックダウン(ストロークした状態から戻らない症状)を回避する為にも必要なメンテです。
寒くなる冬の時期に起こりやすいです。

Bianchi SPRINT

Bianchi SPRINT のご紹介

APC_1288-hdr.JPG

2020年のNEWモデルで20万円台で購入出来るカーボンバイクになります。

SPRINTにはディスクブレーキとリムブレーキがラインナップにあり、当店はディスクブレーキの入荷となります。
初めてのロードバイクにもオススメ。

 

最近はディスクブレーキのロードバイクをお探しの方が増えました
今回紹介のスプリント以外も下記の自転車も展示中です。是非ご来店ください!(その他も入荷予定です)


APC_1192-hdr.JPG
SCOTT ADDICT RC

 

APC_10601-hdr.jpg
FOCUS
IZALCO MAX Disc

15日 臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら11月15日は臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

台湾KOM

こんにちは!

スタッフの久木野です。

 

今回は「台湾KOM」というレースに行ってきました!

 

台湾KOMとは….…

105km獲得標高約3500m最大勾配27%( ゚д゚)!のヒルクライムレースです。

3500m…富士山と同じくらいですね_:(´ཀ`」 ∠):恐ろしい…

tkom.jpg

初海外ということもあり、ドキドキです(`・ω・´)♡

 

レースは10月25日。2日前の10月23日に鹿児島を出発し、福岡空港から台湾桃園国際空港まで。フライトは約1時間半ほどでした。早い( ゚д゚)!鹿児島から東京と同じくらいです…

 

台湾の首都、台北にある台湾桃園国際空港に着きます。

着いた途端長い入国検査の列に行手を阻まれます(1時間ほどかかりました…)。

入国検査を済ませ、台湾の通貨であるNT $(ニュー台湾ドル)に両替をし、SIMカードを購入。お金も手に入り、携帯も使えるようになったので一安心ですε-(´∀`; )

 

台北の台湾桃園国際空港から、レースのスタート地点である花蓮市にあるパークビューホテルまでは、電車やバスを使って約5時間ほどかかります…(´Д` )遠い…

B1D20C9C-CEC8-4472-AE69-731A35E9A817.jpeg

暗くなる頃に街中を通りました。日本とはどことなく違う景色です…(*´∀`*)

520B499D-5ADF-4AA1-BEC7-273791FD70CF.jpeg

 

バス→電車→タクシーと乗り継ぎ、ホテルに着いたのは21時頃でした。

台湾のタクシーは安いし、車が大きいので輪行バックが楽々入ります!台湾では短い距離ならタクシーがオススメです(`・ω・´)!

 

 

 

10月25日、レース当日

レースは6時スタートなので、3時にホテルの用意してくれた朝食を摂り、4時半にライトをつけてスタート地点まで向かいます。

 

荷物を預け、並んでいると徐々に明るくなってきました。
F8E57A6C-A94F-4BE5-8A5B-034A5D2A051D.jpeg

半袖の人の方が多いのですが、山頂は寒そうなので私はアームウォーマーとレッグウォーマーをつけて行きました。

補給食はMag-onを4つジェルボトルに入れて持っていきます。

 

応援者ツアーバスに続く形で、レースがスタートします。

 

105kmのうち18kmは平地のパレードランとなっており、計測には含まれません。しかし、パレードランといっても時速40kmほどで集団は進んでいきます。

 

18kmが過ぎ、リアルスタートが切られるとゆるゆると坂になっていきます。

 

黙々と登っていると、アジア人らしき男性の方に英語で話かけられます。中学生レベルの英語でなんとか会話をしていると、「着いて行っていいか?」と聞かれました。OKと返事をして、2人旅に(笑)

 

ひたすら登っていると雲の中のような瞬間がありました。幻想的です….

921A343E-2917-420B-A6D3-9639969AB436.jpeg

 

脚も疲れてきます。攣ったり戻したりを繰り返しながら、ひたすら登ります。

 

85km地点から激坂に入っていきます。

そこでアジア人男性とは別れ、ひとりで登っていきます。ここまで来ると集団で走っている人はいなくなってきます。

 

少しでも斜度の緩い場所を走ろうとしてみたり、蛇行する人も見かけるのですが、なんと大会関係車両や救急車が降りてくるので、危ない場面を何度か見かけました∑(゚Д゚)

 

ラスト10kmは、富士あざみラインくらいの斜度。最大勾配27%もこのエリアになります。しかし、それがどこかわからないほどの壁の連続!!!前輪が何度も浮きそうになります( ;∀;)

 

ヘロヘロになりながら、なんとかゴールしました。

 

山頂は凍えるほど寒く、標高の高さを物語っています。

 

ゆっくりする暇もなく、2km下った駐車場に昼食を取りに行きます。

なんとそこで、妹が高山病に∑(゚Д゚)!

慌ててバスに乗り、下山しました。

下山するとともに妹の体調も戻りことなきを得ましたが、ヒヤッとする出来事でした(;´Д`A

 

4時間ほどでホテルに戻り、アフターパーティーが始まります。選手は無料で、豪華な夕食がついてきます!ビールも飲み放題です( ̄▽ ̄)♡

 

間違いなく、今までで1番辛い山でした….…。

4FE9021D-D6B3-43BC-BFCB-395E59696259.jpeg

IMG_0087.JPG

今までで1番辛い山でしたが…

また来年出場するつもりでいる私がいます(笑)

みなさんもこの感動を一緒に味わいませんか?来年一緒に行く方、募集中です( ̄▽ ̄)ノシ

 

 

ADDICT RC

APC_1192-hdr.JPG
ADDICT RC 20 (画像はフレームサイズ XS サドル高が680mmです。参考にしてください)

注目はアディクトの特徴でもある軽量に仕上がっていること。
ディスクロードのネガティブな部分でもある重量増の問題を無理なく解消されています。
特にヒルクライムを好きな方は、重量は気になりますよね。

FOILと同様にエアロを意識したフレーム形状に変更され、前作ADDICTよりエアロ効果もUP!(時速45km/hで40kmを走行した場合27秒速い -6w)

さらに、ADDICT RC 20 はSRAM FORCE ETAP AXS 仕様 とかなり豪華なパーツアッセンブリーになっています。

IMG_3329.JPG

IMG_3298.JPG IMG_3297.JPG

IMG_3311.JPG IMG_3296.JPG

IMG_3313.JPG
カラーはグロスのメタリックグリーン。
光の当たり方によって変化するメタリックが高級感があるペイントです。

 

New ADDICT RC のおすすめ動画です。

1