ホーム > 三島店ブログ > > 2021 MERIDA 注目のバイク
三島店ブログ

2021 MERIDA 注目のバイク

みなさんこんにちは。店長の鈴木です。

先日MERIDA2021モデルバイクに試乗させていただきました。

2021はロードバイクでは2つNEW BIKEが登場です。

乗られる方で皆さん感じ方が違うと思いますし欲しい性能も違うので今回は私の思ったことを。。

ちなみに今私がどんな乗り方をしているかというと、レースイベント等には全く出場せず自分のペースで数十キロ走る休日ライダー。

レースなどは出ませんがある程度は峠などを軽やかに走りたいと考えるある意味欲張りライダー。

バイクに求める性能も軽さ、速さよりまずは快適さ。そしてある程度の軽さと速さ(笑)欲張りです。

まずはこちら。

IMG_20200820_111356.jpg

REACTOです。ブレーキホース等がフル内装!!カッコいいです。最近のハイエンドバイクはカーボンディープリムホイール、パワーメーターが標準装備されるモデルが多くまさに完成されています。

全ての道をこなせるエアロモデル。ハンドリングにも癖がなく非常に扱いやすいエアロモデル。

写真はありませんがメインフレームのカーボングレードを落としながらもフロントフォークはハイエンドモデルと同じフォークを採用しシマノ105モデルのREACTO4000。

こちらもなんとワイヤーホース類ほぼフル内装。

ハイエンドエアロモデルなのである程度はスパルタンな乗り味となっていますがCF5カーボンを使うトップモデルは十分軽量でオールラウンドなエアロモデル。オススメハイエンドモデルです!!

REACTO4000はとにかくバランスが良い!!

価格、バイクの性能&見た目のバランスが最高です。

ホイールを少し良いものに変えたらどーなってしまうんでしょうか。。。

もう一つのNEW BIKE

IMG_20200820_122235.jpg

SCULTURA ENDURANCE。

標準で32C、最大で35Cまで装着できるフレーム。

32Cのタイヤを忘れさせる軽い走行感。そして走っていて楽。。。

写真のモデルはアルテグラDi2を採用するモデルですが、105モデルもございます。

105油圧DISCブレーキモデルのSCULTURA ENDURANCE 4000も上のモデルとフレームやフォークはまったく同じ。。

こちらもワイヤーホース類はステムの下で少し出るくらいでほぼ内装。。

SCULTURA ENDURANCEというモデル名ですが走りは軽い。そして速い。

最後にもう一回、何回も乗りたくなるほど快適さ。。。

暑さの為限られた試乗時間でしたが、

REACTO TEAM-E⇒REACTO 4000⇒SCULTURA ENDURANCE7000-E⇒SCULTURA ENDURANCE 4000

そして最後にSCULTURA ENDURANCE7000-Eをおかわりライドで終了。

お店にお見せできるカタログもございます。

 

kesale20B.jpg

決算SALE開催中です!!

p1.jpg

こちらもまだまだ開催中!!

皆様のご来店お待ちしております!!