ホーム > 多摩境店ブログ > ロード(完成車・フレーム) > 2014SPECIALIZED ROAD編
多摩境店ブログ

2014SPECIALIZED ROAD編

2014モデル、SPECIALIZED展示発表会、試乗会が開催されました。

ROADカテゴリーに於いては性格の異なる車種、TARMAC、VENGE、ROUBAIXを主軸にアルミロードバイク再興の旗印S-WORKS ALLEZをラインナップ。

TARMAC

DSC_0213.jpg

昨年迄のグラフィックデザイナーを一新、アグレッシヴな雰囲気を醸します。

DSC_0219.jpg

完成車TARMACのラインナップはフレームが全てSL4構造に。(素材のカーボングレードに差異)

 

 

ROUBAIX

DSC_0228.jpg

DSC_0226.jpg

DSC_0227.jpg

DSC_0220.jpg

こちらROUBAIXもグレード全てのフレームはSL4に。

 

ルーべ繋がりでおまけ、BOONENシグネチャーサドル。

DSC_0246.jpg

 

VENGE

カヴ推奨のエアロウェポン、VENGEにも斬新なグラフィックが施されます。

DSC_0221.jpg

 

SHIV

新設計の「FUEL CELL」を装備したSHIV。

DSC_0229.jpg

DSC_0231 (1).jpg

MAGURAハイドロリックブレーキ。

DSC_0230.jpg

 

ALLEZ

2013モデル、本国では展開が有りながら日本ではデリバリーされなかった幻のS-WORKS ALLEZ。

DSC_0215.jpg

ROADバイクで有りながらアグロな雰囲気が漂うのはS-WORKSの凄みからなのか。近年耳にする「ヤバい」というやつです。

デュラエース、ROVAL、FACTクランク等完成車価格を考えるとかなり御得な内容。

DSC_0217.jpg

DSC_0216.jpg

スマートウェルド製法によるE5アルミ製のフレームは、超軽量。S-WORKSでは更に溶接後にビードを削り軽量化。と同時に流麗なフォルムも獲得しています。その製造の難しさから日本への入荷は僅か数台・・・・急ぎましょう。

 

DSC_0244.jpg

こちらシマノ105完成車のALLEZ RACEもスマートウェルド製法にて造りだされます。ただし溶接後のビードは削っていません。

素材はE5アルミですが厳密にはS-WORKS ALLEZに使われているモノとは違うとの事。試乗も致しました。感想は店頭にて!

DSC_0214.jpg

エントリーグレードをカバーするALLEZシリーズ。カラーリングもぐっとスポーティになりました。

2014モデルではアルミロードへの注力を明言したスペシャライズド。CAADシリーズの強力なライバルになる予感です。 

 

次回はMTB編です。