ホーム > 多摩境店ブログ > MTB(完成車・フレーム) > 2014SPECIALIZED MTB 編(CROSS、KIDS)
多摩境店ブログ

2014SPECIALIZED MTB 編(CROSS、KIDS)

ROADでは御目見えしなかった「新型」ですが、MTBでは、ブランニューモデルのEPIC、STUMPJUMPER HT、CRAVEが登場。

EPIC

DSC_0224.jpg

新型EPICには29インチ特性はそのままに、クロスカントリー競技用ジオメトリーを持つ「WC」と耐久マラソン系向けジオメトリーの2車種を用意。

新設計フレームのフィーチャーとしては、インターナルケーブル(シフトのみ)、ボトルケージ台座×2、クリック数を減らしセッティングも容易なブレインショック、更にオーバーサイズ化されたチェーンステイ、ヒールクリアランスが拡大されたシートステイ等モデルチェンジに相応しい内容となっています。 また同時に後付け出来るストレージボックス、「SWAT MTB XC KIT」(チューブ、CO2トリガー、タイヤレバー、ボトルケージ、携帯工具)も発表されています。

 

STUMP JUMPER HT

こちらも新しくなりEPIC同様インターナルケーブル(シフト、ブレーキ)、リアホイールスペーシングは142×12規格を採用!

「SWAT MTB XC KIT」も装着可能です。

DSC_0232.jpg

DSC_0233.jpg

 

CRAVE

こちらもEPIC等の影に隠れがちですが新作のCRAVE。

DSC_0234.jpg

「CARVEでは無くCRAVE」、恐らく幾度と無く繰り返されたであろうフレーズ。

実車はスムースに溶接されたM4アロイ、テーパードヘッドチューブとシートチューブを持ち、リヤエンドはリデザイン、軽量化されていました。ターゲットはTOPを目指すヤングライダー。

DSC_0235.jpg

 

STUMP JUMPER FSR

ベストトレイルバイクSTUMP JUMPER FSR。

試乗した「S-WORKS STUMP JUMPER FSR CARBON29」。とっても好かったです。

DSC_0243.jpg

カーボンとアロイバージョンが有り、今年は完成車に26インチバージョンがラインナップ。

DSC_0242.jpg

 

 

CAMBER

本国にはS-WORKSの設定も有るCAMBERですが、ここ日本ではアルミの一車種のみ。STUMP JUMPER FSRに隠れがちですがフレームの性格を考えると国内でも活躍するシーンが意外に有るかも知れません。 

DSC_0241.jpg

 

ENDURO

2014モデルでは29インチモデルに加え26インチのモデルが大幅にラインナップ。

DSC_0223.jpg

 

DEMO

DSC_0236.jpg

オーリンズTTX。長時間に及ぶプレゼンテーションでも触れていなかった「もう一つの新作」。

DSC_0238.jpg

ケーブルルーティングが上回しに(カーボンモデル)。

DSC_0237.jpg

 

P.SERIES

P.SLOPE。展示はフレームでしたが、完成車のみの販売。

DSC_0249.jpg

 

P.3。前年同様のフォルムですが、リアエンド部を始め、アップデートがなされています。

DSC_0248.jpg

 

P.3、 P.26AM、 P.STREET。ラディカルな走りを御求めになるのであればP。

DSC_0247.jpg

 

ROCK HOPPER

ミニマムな投資で「SPECIALIZED MTB」を体感できる車体ではないでしょうか。

DSC_0239.jpg

DSC_0240.jpg

ボトムレンジを担うHARD ROCKも有りますが、ここは是非ROCK HOPPERでMTBを始めて頂ければ。

 

CRUX

S-WORKS設定もあるCRUX。ディスクブレーキモデルではシフトと共に、オイルラインもインターナル。悪条件でのトラブルフリーに貢献。

DSC_0218.jpg

サイケなカラーも自転車なら有り。カーボン、アルミ共、フレーム売りの設定が嬉しい所です。

 

SIRRUS

SIRRUS ELITEやSIRRUS SPORTに大きな変更は無いものの、上位モデルのCOMPがディスクブレーキ仕様、EXPERT、PROがディスクブレーキ+カーボンフレーム(SL4!)となり、まるでS-WORKS SIRRUSの様相。

DSC_0225.jpg

DSC_0245.jpg

他社を含めた快適、快速クロスバイクの一翼を担うラインナップです。

 

HOT ROCK

未来のアスリート達へ。

DSC_0222.jpg

多様なホイールサイズ、BOYS、GIRLS、そしてHOT WALK。 

「S」バイクを送られたKIDS達は幸せかも知れません。