ホーム > 多摩境店ブログ > MR > MR&GP5000
多摩境店ブログ

MR&GP5000

本日のMR、予想より日差しが無かった為、寒かったのですがウェア類の装備は万全。快適に走る事が出来ました。

そしてこちら、コンチネンタルの新作タイヤであるグランプリ5000、25Cを早速使用してみました。

DSC_1041.JPG

感想ですが、メダリストの言葉を借りるならば「チョー キモチイイ!」という所でしょうか。

今迄使用していたGP4000SⅡと空気圧を同じくしてスタート。

走り出してまず特筆すべきは乗り心地の良さ。その後転がりの軽さを感じます。ケーシングのしなやかさがコンフォートな乗り心地に寄与している様です。

 

またそのしなやかさが、少し目の粗いアスファルトや荒れた路面ではよりプラスに働いており(失速しない)、減速する状況下ではブレーキングにも好影響を及ぼしている様で、跳ねずにタイヤが路面にしっかり食い付いて減速出来ています。

 

コーナーリングは正にオンザレール!

特にフィーチャーされていない様ですが、センタートレッドとサイドトレッドのコンパウンドが違う様に感じます(明らかにサイドトレッドのフリクションが凄い。「レーザーグリップ」というテクノロジーがそうなのでしょうか)。

またGP4000SⅡ譲りのベクトランブレーカーを採用していますので、トラブルにも強いと思われます。それにもかかわらず5g軽量化されているとか・・。

 

強化されたブレーキシステム(ディスクブレーキやSLR-EV)や、25Cタイヤの標準化、ホイール側ワイドリム化等、昨今の機材の進化に適合、最適化すべく進化して来たなという印象を持ちました。

 

クリンチャーは700×23C、25C、28C、32C、650×25B、28B、チューブレスは700×25C、28C、32C、650×28Bとタイヤサイズの豊富なラインナップからも解る様に、速さを求めるシリアスなレーサーからコンフォートライド派の方まで、お勧め出来る高性能タイヤです。

只今、クリンチャーの700×23C、25Cとディストリビューターでは完売(次回入荷未定)のチューブレス700×25Cが店頭在庫有ります!

店長しかたに