ホーム > 多摩境店ブログ > ロードパーツ

ロードパーツ

ミシュラン POWER ROAD!

ミシュランより新型になったロードタイヤ、POWER ROAD登場!

ルックスもミシュランらしく、ケーシング部レターにはムッシュビバンダムが微笑んでおります!

20200314_183757.jpg

性能はもとより価格も大変魅力的。クリンチャー25Cが入荷中です!

レザイン POCKET DRIVE入荷!

レザインよりとてもコンパクトなハンドポンプ登場です。

20200316_133855.jpg

大きさは全長140mm程と他メーカー⁻の最小クラスと同等。

このサイズのポンプ、実際の所、ポンピングが大変では有ります・・・が、しかしそこはレザイン、やはりシッカリと入ります。

20200316_133917.jpg

たわみも無く高剛性、アルミ削り出しの躯体に加え、グリップ部が長くローレットが切ってある・・・様々な要素が合わさってこのポンピングが可能になっています。

その証拠にこのクラスで7気圧下、かかる力が最小!

つまり高圧下でも少ない力でポンピングが出来る、という事。

ツールカンやジャージのポケットにも!

FULCRUM RACING3 DB入荷!

フルクラム レーシング3 DB入荷です!

20191206_173239.jpg

性能と価格のベストバランスを誇るレーシング3のディスクブレーキバージョンです。

20191206_173259.jpg

レーシング3らしさは健在!更にハブやリム等はディスクブレーキ仕様に最適化されています!

20191206_173357.jpg

完成車で購入したディスクブレーキロード等、付属するホイールがミニマムに構成されている場合、交換におけるアドバンテージは絶大です!

LEZYNE SUPER PRO GPS

LEZYNE SUPER PRO GPSが新型になって登場です!

24時間とロングライフだったバッテリーが28時間へ!またマップ表記も出来る様になり、画面表示も縦横共に対応出来る様に!

20191115_134925.jpg

後は些細な部分かも知れませんが16gも軽量化!(この大きさのものを16g軽くするって結構凄いですね・・)

ちょっと良いメーターとして使うも良し、別売の心拍センサーやケイデンスセンサーも有るので、ライディングログの記録、トレーニングツール的に使うのも有りですね!

多摩境店しかたに

スパカズ 新色!

スパカズよりバーテープの新色オイルスリックシリーズ入荷致しました!

20190730_114314.jpg

定番ギャラクシーと独特の光沢のブリングにオイルスリックカラーが!

20190730_114330.jpg

各色少量のみ入荷です!

SUPACAZ

SUPACAバーテープ、PRIZMATIKシリーズが入荷しております!

20190504_134751.jpg

キラッキラのバーテープです!

20190504_134809.jpg

レザインGPS リミテッドエディション

レザインのGPSユニット入荷です。今回はリミテッドエディション!

DSC_1199.JPG

AG2Rへのサポート決定と共に入荷した限定バージョン、ホワイトボディのMEGA XLとSUPER GPSは各100個限定です!

コンチネンタル GP5000チューブレス入荷

お待たせ致しました!

DSC_1167.JPG

初回分があっという間に品切れしてしまったGP5000TLが入荷して来ました!25C、28C共に有ります!

MR&GP5000

本日のMR、予想より日差しが無かった為、寒かったのですがウェア類の装備は万全。快適に走る事が出来ました。

そしてこちら、コンチネンタルの新作タイヤであるグランプリ5000、25Cを早速使用してみました。

DSC_1041.JPG

感想ですが、メダリストの言葉を借りるならば「チョー キモチイイ!」という所でしょうか。

今迄使用していたGP4000SⅡと空気圧を同じくしてスタート。

走り出してまず特筆すべきは乗り心地の良さ。その後転がりの軽さを感じます。ケーシングのしなやかさがコンフォートな乗り心地に寄与している様です。

 

またそのしなやかさが、少し目の粗いアスファルトや荒れた路面ではよりプラスに働いており(失速しない)、減速する状況下ではブレーキングにも好影響を及ぼしている様で、跳ねずにタイヤが路面にしっかり食い付いて減速出来ています。

 

コーナーリングは正にオンザレール!

特にフィーチャーされていない様ですが、センタートレッドとサイドトレッドのコンパウンドが違う様に感じます(明らかにサイドトレッドのフリクションが凄い。「レーザーグリップ」というテクノロジーがそうなのでしょうか)。

またGP4000SⅡ譲りのベクトランブレーカーを採用していますので、トラブルにも強いと思われます。それにもかかわらず5g軽量化されているとか・・。

 

強化されたブレーキシステム(ディスクブレーキやSLR-EV)や、25Cタイヤの標準化、ホイール側ワイドリム化等、昨今の機材の進化に適合、最適化すべく進化して来たなという印象を持ちました。

 

クリンチャーは700×23C、25C、28C、32C、650×25B、28B、チューブレスは700×25C、28C、32C、650×28Bとタイヤサイズの豊富なラインナップからも解る様に、速さを求めるシリアスなレーサーからコンフォートライド派の方まで、お勧め出来る高性能タイヤです。

只今、クリンチャーの700×23C、25Cとディストリビューターでは完売(次回入荷未定)のチューブレス700×25Cが店頭在庫有ります!

店長しかたに

GP5000入荷!

お待たせ致しました。早くもコンチネンタル グランプリ5000が入荷です!

名作グランプリ4000から幾年月・・コンチネンタルのフラッグシップがグランプリ5000となって登場です。

転がり抵抗や耐パンク性、飽くなき軽量化、あらゆる面でGP4000S2を上回る性能を実現。

DSC_1037.JPG

23C、25C共に入荷です。

また今作にはチューブレスタイヤもラインナップ。

チューブレスタイヤ群に於いてもマスターピースとなるのでは無いでしょうか。

DSC_1038.JPG

早速使ってみなくては。 

店長 しかたに

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10