ホーム > 多摩境店ブログ > ロードパーツ

ロードパーツ

MICHELIN POWER

テストタイヤとして提供して頂いたMICHLIN POWER 

IMG_2933.JPG

DRY&WET条件下で200km程走ってみました。

IMG_2932.JPG

凄く良いです。

転がりの軽さよりも、GRIPを求める性質の私ですが・・・。

十分なGRIPが有りながら、MICHELIN特有の転がりの良さに磨きがかかり・・・。

まるでホイールをグレードアップしたみたいです。

包装の「-10watts」は伊達では有りません。

興味の有る方、御相談ください。

 

流郷

 

追伸:本日のライド中にこんなチラシを見つけました。

 IMG_2931.jpg

みなさん是非!

デュラエース!

来ました!!

DSC_0519.JPG

マビック キシリウム プロカーボンSL

2017モデル「キシリウムプロカーボンSL クリンチャー」が入荷です。

DSC_0473.JPG

リヤハブのフリーもDT社スターラチェットの様な構造になり、細かなノッチに。

DSC_0472.JPG

特筆すべきはコチラ。以前のコスミックカーボン40C等はアルミコアを採用し、フルカーボンリムの弱点をクリアしていましたが、技術は進化するもの。

DSC_0471.JPG

新たなる素材、テクノロジーにより、「信頼のおける」フルカーボンリムのクリンチャーホイールが誕生しました。

 

 

 

ホイール入荷です!

カンパニョーロ「ZONDA C17 (HGボディ)」入荷です!

DSC_0377.JPG

近年拡大しつつある25C等のタイヤに最適化されたリム幅は22.5mm、リム内幅は17mmというプロファイル。

DSC_0378.JPG

 

 

フルクラム「Racing 3」も入荷です!

DSC_0380.JPG

こちらのリムジオメトリは従来からのスタンダードなもの。

DSC_0381.JPG

やはり外周部であるリムが軽量であるメリットも確実に有ります。

MAVICキャンペーン

18日よりスタートしているMAVICキャンペーン、現在の多摩境店のラインナップをご紹介致します。

◇2016 キシリウム(HG)

◇2016 キシリウムエリートRED(HG)

◇2016 キシリウムPRO SL(HG)

◇2016 コスミックエリート(HG)

◇2016 コスミックカーボン40エリート(HG)

◇2015 クロスマックスST 27.5

限られた期間ではありますが、この機会を是非お見逃し無く!

DSC_0190.JPG

 

LOOK

欠品していたKEOグリップクリートが入荷です!

DSC_0077.JPG

 

クリートカバーも!

DSC_0078.JPG

MAVIC

2016 KSYRIUM ELITE入荷です!

DSC_2437.JPG

新設計のISM4Dリムは17mmに拡幅。

DSC_2439.JPG

25Cタイヤとの相性もバッチリです。

DSC_2440.JPG

カラーバリエーションもブラック、レッド、ホワイト、ブルーと豊富です。

FULCRUM

フルクラム レーシングZERO入荷致しました!

DSC_2495.JPGのサムネール画像

登りや下り、平坦と様々なシチュエーションに於いても高いレベルで対応出来るホイールです!

DSC_2497.JPG

*HGボディ

MICHELIN POWER COMP 入荷!

MICHELINの新作「 POWER COMP」 タイヤの23Cと25Cが入荷です。

モーターサイクル(MotoGP)で培われた技術が、このタイヤのコンパウンドにも採用されました。結果、文字通りPOWERのロスを減らし「高効率な走りを実現」するタイヤです。

DSC_2498.JPG

また最新のトレンド、ディスクブレーキにも対応。トラクションやグリップを向上させ、強大な制動力とのマッチングも考慮されています。

campagnolo

カンパニョーロのホイールが入荷です。

FULCRUMと並び、同社ホイール群は本来の回転体である時のバランスが非常に優れています。

 

「EURUS」 レーシングホイールのマスターピース。

DSC_2434.JPG

素材とその部品構成により重量以上に軽さを感じるホイール。

DSC_2435.JPG

*(UDボディ クリンチャー)

 

 

「ZONDA」 恐るべきコストパフォーマンスを誇るホイール。

DSC_2493.JPG

お店の滞在時間が非常に短いワンペア。

DSC_2494.JPG

*(HGボディ クリンチャー)

 

 

 

DSC_2436.JPG

*お店ではホイールチェック(完成車含む)をするのですが、campagnolo、FULCRUMに関しては、大幅に手を加えずに済む個体が多い様に感じます。

それもその筈、添付の「IDENTIFICATION CARD」には組立者の自筆サインが入り、数項目にわたるインスペクションをクリアした個体である証が記されています。

タイヤやチューブに続き、路面に一番近い高価な部品。予測しないダメージを負う確率も高いので、正規輸入品である事は勿論、スペアパーツの供給等アフターサービスも含めてホイール選びをする事をお勧めします。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10