MTBパーツ

Vittoria MTBタイヤ ( オフロードインプレ 長めです)

VITTORIAのMTBタイヤ、 MEZCALにてオフロードを走行して参りました。

 

DAY1

目的地までは自走で向かいますが、オンロード編でもお伝えした通り、転がりの軽さが有る為、とってもラクチンです。

故にトレイルに辿り着く迄のアプローチはだいぶ省エネになりました。

目的地に到着。(固く締まった路面メイン、一部お湿り有り、全体の斜度は緩め)

登り始めのダート。なんとなく湿った落ち葉や枝等の合間から、つるつるの赤土(+所々コケむしてる)が見える、滑りマストの状況。

しかし、MEZCALは粛々と進んで行きます。自らの仕事を淡々とコナしていくかの様です。

20190911_115442.jpg

やがて、まあまあきつい角度へ。シッティングからダンシングに移行してやや乱暴にペダリングしても未だ滑りません。

細かく密になったそれぞれのブロックのエッジとグラフェン2.0コンパウンドがかなり仕事をしているのでしょう。

(この辺り、コンチネンタルのブラックチリコンパウンドに近いですが・・更に優れている印象。)

条件の良い路面は言うに及ばず、ツルツルに磨かれた様な赤土、木の根等でも相当にグリップする様です。

(ただコンパウンドに土が載っている状況だとこの限りでは有りません)

これは下りに入っても変わらずで、ある程度のラインを選んで行けばそうそう破綻しません。

ただ、速度域が上がって来る下りのセクションでは過信は禁物、滑り出しが分かり易いブロックパターンとは言えスコーンと抜けます。(この様な路面だと何でもほぼ一緒ではあります。)

 

DAY2

この日は、数カ所のぬかるみ含む砂利道、こぶし大の岩が転がるガレ場、根っこ多めのルートへ。

 このブロックパターンという事も有り、ガレた路面や木の根が激しく露出した路面では外乱に弱い印象。

登りも下りもそれなりの緊張を強いられます。(同社のMorsaやMartelloといったタイヤが、この様な路面に向くのではないでしょうか。)

また、トレイルの一部マディ箇所では。 ドロハケは余り良くないパターンかなと思いましたが、コンパウンドのドロ離れが良いのか、タイヤが回転していれば離れていきます。

20190919_121938.jpg

タイムでは無く順位を競うクロスカントリー、ましてやトレイルライドであれば、スリッピーな下りを攻め込んでリスクを追う事も無いでしょう。

ドライからミディアム路面の高速XCレースにも対応し、ノブもアグレッシブでは無いので、路面へのインパクトも少なくトレイルタイヤとしても好印象、正にメーカーの狙っているXC及びTRAILにマッチしたタイヤでは。

総じて、コントローラブルかつハイグリップコンパウンドによりXCレースからトレイル迄カバー出来る、バランスの良いタイヤなのではないでしょうか。(前述の様にハードなトレイルであればまた違った選択肢が用意されています。)

Vittoria MTBタイヤ (インプレ オンロード編)

残暑が厳しいですが、何処かに秋の気配を感じる様になって来ました。トレイルの季節も、もうすぐそこですね!

 店頭にはビットリアのMTBタイヤが入荷して来ました。

20190910_180225.jpg

使ってみない事には・・という事で早速取り付けてみました。

20190907_184400.jpg

今回装着したのは「MEZCALⅢ 27.5x2.25」、トレイル、XCカテゴリーとの事。

チューブ入り前後2.5Barでスタート。チューブレス化は次回のお楽しみです。

グレイのサイドウォールは中々他には無く、一目でビットリアと判るもの。シナヤカですがプロテクションレイヤーも仕込まれているとの事。

20190907_191613.jpg

触れるとコンパウンドは好ましい感じ。これだけタッキーですと摩耗が気になる所ですが、転がり抵抗も低く抑えているというグラフェン2.0。どのくらい両立しているのかが楽しみです。

ブロックが小さめで張り出しも少なく、割と連続した配列の為、上から俯瞰すると2.25にしては細いかなとも思いましたが、横から見るとサイドのグレーカラーの影響も有り、それなりにエアボリュームは有りそうです。

 早速オンロードで乗ってみます。

まず転がりの軽さを強烈に感じます。センタートレッドが連続したパターンという事も有りますが、コンパウンドの低い転がり抵抗も効いているのかなと。

では、その相反すると思われる要素のグリップやトラクションは・・・。

オンロード上ですから、まあとにかくグリップしていきます。深くバンクさせると、「ブリブリブリッ」と曲がって行きます。(タッキーなコンパウンドと相俟って、細かなノブのエッジ達が奏でている様です。)

タイヤ断面はラウンド形状、かつノブも比較的密に細かく配列されている為か、バンクさせて右へ左へと切り返して行く様な状況でも癖も無く扱い易い印象です。

 

さて、次回はいよいよオフロードへ!

 

 店長しかたに(御参考迄に最近までの使用タイヤ:MAXXISアーデントレース、アーデント、CONTINENTALマウンテンキング辺りです)

LEZYNE 小物

レザインよりクラシックチューブレスキット入荷です。

20190903_175756.jpg

備えあれば憂いなし。

スティッキープラグ5本入り。リーマーも兼ねたインサレーションツールのハンドルは何とアルミ削り出しです!

KS LEV インテグラ ドロッパーシートポスト!

お待たせ致しました!

20190727_121447.jpg

シートポスト径27.2mmx100mmドロップのカインドショックインテグラドロッパー入荷致しました!

なかなか選択肢の少ない27.2mm用です。

20190727_155125.jpg

メーカーによってはこの部分から逝くモノも有りましたが・・・

20190727_155135.jpg

成程、ヤグラ部分のこの構造、考えてます。

ドロッパー未搭載の27.2mmポストユーザーの皆様へ是非!

店長しかたに

XTフラットペダル

シマノXT、PD-M8040入荷です!

20190714_175409.jpg

踏み面サイズが二種類展開、同梱ピンにてお好みの食い付きに。

20190714_175452.jpg

重量は有るものの、堅牢なボディ、高耐久のベアリング、そしてこのプライスはシマノならでは!

 

店長しかたに

オークリー ゴーグル

今年も入荷迄、お時間が掛かりましたが、やって参りました!

オークリー「MX CROWBAR」。

20190709_173406.jpg

サマーパークに定番のクリアレンズ、ヘルメットとの相性抜群のアウトリガーポジショニングシステム搭載。

何とティアオフも付属しております!

フラッグシップの「エアブレーク」や「メイヘム」等も勿論お勧めです。

しかし!消耗品という側面も有りますので、この辺りのプライスは嬉しいトコロです!

是非ともお早めに!

 

しかたに

Syncros Dropper Post

シンクロスのドロッパーシートポストが入荷致しました!

20190409_170649.jpg

サイズ:ポスト径31.6mmxドロップ120mm リモートレバー付属  

お店に入荷も、なんとメーカーでは早くも完売になってしまったという・・・抜群のコストパフォーマンスを誇るドロッパーシートポストです!

レザインGPS リミテッドエディション

レザインのGPSユニット入荷です。今回はリミテッドエディション!

DSC_1199.JPG

AG2Rへのサポート決定と共に入荷した限定バージョン、ホワイトボディのMEGA XLとSUPER GPSは各100個限定です!

SRAM NX EAGLE

SRAM NX EAGLEが入荷しました。

DSC_0884.JPG

EAGLEテクノロジーが、ついにNXグレードへ降臨!

DSC_0882.JPG

リヤホイールのハブボディがXDドライバーではなくとも12速化が実現可能!

DSC_08800 (1).JPG

上位モデルとの互換性もバッチリ。

DSC_08800 (4).JPG

1X12の世界へようこそ!

SDG TELLIS

多摩境店ブログを御覧頂いている皆様。こんにちは。

6月から多摩境店勤務となりましたスタッフの金子です。

以前まで居りました、現海老名店スタッフの森に代わりまして私がこれからはちょくちょくと登場致しますので、よろしくお願い致します。

 

さて、話題のSDG TELLISが入荷致しました!! 

IMG_3809.JPG

このドロッパー、内部構造がシンプルでスペアパーツも細かく用意される予定なので、お店でのリペアも出来てしまいます。

p5pb15922919.jpg

1ピース設計の3D鍛造ヘッド部にアルミ鍛造2ボルト留めのやぐらで耐久度も抜群。

ストロークは無段階調節、リモートも大ぶりで操作がし易い。 

IMG_3805.JPG

IMG_3808.JPG

 

死角の無いドロッパーです。

保証は2年。価格もかなり魅力的な設定になっております。

本当にお薦めですので、是非一度お手に取りご覧ください。

1  2  3  4  5