MTBパーツ

LEZYNE各種入荷

優れたデザイン、機能的、高品質なアイテムをリリースするLEZYNE。

新作含め定番商品も各種入荷です。

 

「HECT DRIVE500」のネオメタリックカラー!レザインお得意のアルミCNCが有ってこその輝きです。

20201024_125036.jpg

 

こちらも新作の「STICK DRIVE」シートポストにぴったり、ミニマルデザイン。

20201024_125228.jpg

台座とはマグネット併用で装着される為、充電時の取り外しも便利。

20201024_125252.jpg

 

とてもお得なコンボキットも入荷!

20201024_125422.jpg

 

最後に。レザインポンプの至宝!「CNC FLOOR DRIVE」。

高価ですが使って納得。多摩境店で使用している「CNC FLOOR DRIVE」は現在5年!

消耗品こそ交換していますが、ノントラブルで稼働中。組立や修理等、コレをポンピングしない日は有りません!そんな使用頻度でまだまだ現役です。

20201024_133312.jpg

この他にも様々なライトバリエーション、ハンドポンプやバッグ類が入荷中です。

美しさと機能を兼ね備えたレザインのアイテム群を是非!

TLDリミテッドエディションヘルメット!

今回入荷致しましたトロイリーデザイン、A2ヘルメットは限定バージョン!

20200630_135234.jpg

グラフィックは「MIRAGE」、カラーはGRAY、サイズM/Lです!

20200630_135250.jpg

お早めに!

 

*また、7月の多摩境店休業日は毎週木曜日に加えて7日(火)、21日(火)となります。ご確認ください。

 http://www.c-youcan.com/contents/information/post-151.php

 
 

 

KS ドロッパーシートポスト入荷

お待たせ致しました!ようやく入って来ました!

20200607_113722.jpg

ポスト径27.2mmx100mmドロップ、インターナルケーブル仕様!

20200607_113740.jpg

fabric

ファブリックより、50to01バージョン「Magic Elite Radius」入荷です!

20200314_180849.jpg

ルックスがイイ!だけでは無く。

ショートノーズ、快適なクッション、ボトム時のタイヤクリアランス等、ダートを知り尽くした集団が開発に携わっております!

ホイールのアップグレード

ロードバイクやMTBでのホイールのアップグレード。

回転体が変わるとこんなにも劇的に変わるのか!としっかり体感出来る部分では有ります。

完組ホイールは勿論、手組のホイールも良い!

20200128_145332.jpg

今回ホイール交換したMTBは27.5+のタイヤホイールでしたが、29インチ化&チューブレス化!とんでもなく良くなりました!

20200128_145421.jpg

サマーゲレンデ等に行く時は以前のセミファットホイールに入れ替えて楽しんでもOK!

MTBライド

本日はMTBライドでした!

20191208_101904.jpg

走り始めは寒いながら、すぐに温まるのがMTBライドです。

今回初めてドロッパーシートポスト導入した方の感想等聞きながら、ゆったりとライディング。

最後は自走で無事にお店まで。

ドロッパーシートポストも多種多様。各種サイズ、ケーブルのアウターナルやインターナル、果ては無線式の物。

御使用の目的や車種別のお勧め等、御相談下さい!

20191227_165728.jpg

*こちら意外と有りそうで無い、ヤグラ部のレバーにて上下するKSドロッパー(27.2㎜x100㎜Drop)。

ワイヤリング無しにてポスト単体で動作しますから、これはこれで意外と便利。複数台27.2㎜径の車体をお持ちの方等気軽にポストをコンバート可能です!

 

 

 

 

 

 

LEZYNE SUPER PRO GPS

LEZYNE SUPER PRO GPSが新型になって登場です!

24時間とロングライフだったバッテリーが28時間へ!またマップ表記も出来る様になり、画面表示も縦横共に対応出来る様に!

20191115_134925.jpg

後は些細な部分かも知れませんが16gも軽量化!(この大きさのものを16g軽くするって結構凄いですね・・)

ちょっと良いメーターとして使うも良し、別売の心拍センサーやケイデンスセンサーも有るので、ライディングログの記録、トレーニングツール的に使うのも有りですね!

多摩境店しかたに

Vittoria MTBタイヤ ( オフロードインプレ 長めです)

VITTORIAのMTBタイヤ、 MEZCALにてオフロードを走行して参りました。

 

DAY1

目的地までは自走で向かいますが、オンロード編でもお伝えした通り、転がりの軽さが有る為、とってもラクチンです。

故にトレイルに辿り着く迄のアプローチはだいぶ省エネになりました。

目的地に到着。(固く締まった路面メイン、一部お湿り有り、全体の斜度は緩め)

登り始めのダート。なんとなく湿った落ち葉や枝等の合間から、つるつるの赤土(+所々コケむしてる)が見える、滑りマストの状況。

しかし、MEZCALは粛々と進んで行きます。自らの仕事を淡々とコナしていくかの様です。

20190911_115442.jpg

やがて、まあまあきつい角度へ。シッティングからダンシングに移行してやや乱暴にペダリングしても未だ滑りません。

細かく密になったそれぞれのブロックのエッジとグラフェン2.0コンパウンドがかなり仕事をしているのでしょう。

(この辺り、コンチネンタルのブラックチリコンパウンドに近いですが・・更に優れている印象。)

条件の良い路面は言うに及ばず、ツルツルに磨かれた様な赤土、木の根等でも相当にグリップする様です。

(ただコンパウンドに土が載っている状況だとこの限りでは有りません)

これは下りに入っても変わらずで、ある程度のラインを選んで行けばそうそう破綻しません。

ただ、速度域が上がって来る下りのセクションでは過信は禁物、滑り出しが分かり易いブロックパターンとは言えスコーンと抜けます。(この様な路面だと何でもほぼ一緒ではあります。)

 

DAY2

この日は、数カ所のぬかるみ含む砂利道、こぶし大の岩が転がるガレ場、根っこ多めのルートへ。

 このブロックパターンという事も有り、ガレた路面や木の根が激しく露出した路面では外乱に弱い印象。

登りも下りもそれなりの緊張を強いられます。(同社のMorsaやMartelloといったタイヤが、この様な路面に向くのではないでしょうか。)

また、トレイルの一部マディ箇所では。 ドロハケは余り良くないパターンかなと思いましたが、コンパウンドのドロ離れが良いのか、タイヤが回転していれば離れていきます。

20190919_121938.jpg

タイムでは無く順位を競うクロスカントリー、ましてやトレイルライドであれば、スリッピーな下りを攻め込んでリスクを追う事も無いでしょう。

ドライからミディアム路面の高速XCレースにも対応し、ノブもアグレッシブでは無いので、路面へのインパクトも少なくトレイルタイヤとしても好印象、正にメーカーの狙っているXC及びTRAILにマッチしたタイヤでは。

総じて、コントローラブルかつハイグリップコンパウンドによりXCレースからトレイル迄カバー出来る、バランスの良いタイヤなのではないでしょうか。(前述の様にハードなトレイルであればまた違った選択肢が用意されています。)

Vittoria MTBタイヤ (インプレ オンロード編)

残暑が厳しいですが、何処かに秋の気配を感じる様になって来ました。トレイルの季節も、もうすぐそこですね!

 店頭にはビットリアのMTBタイヤが入荷して来ました。

20190910_180225.jpg

使ってみない事には・・という事で早速取り付けてみました。

20190907_184400.jpg

今回装着したのは「MEZCALⅢ 27.5x2.25」、トレイル、XCカテゴリーとの事。

チューブ入り前後2.5Barでスタート。チューブレス化は次回のお楽しみです。

グレイのサイドウォールは中々他には無く、一目でビットリアと判るもの。シナヤカですがプロテクションレイヤーも仕込まれているとの事。

20190907_191613.jpg

触れるとコンパウンドは好ましい感じ。これだけタッキーですと摩耗が気になる所ですが、転がり抵抗も低く抑えているというグラフェン2.0。どのくらい両立しているのかが楽しみです。

ブロックが小さめで張り出しも少なく、割と連続した配列の為、上から俯瞰すると2.25にしては細いかなとも思いましたが、横から見るとサイドのグレーカラーの影響も有り、それなりにエアボリュームは有りそうです。

 早速オンロードで乗ってみます。

まず転がりの軽さを強烈に感じます。センタートレッドが連続したパターンという事も有りますが、コンパウンドの低い転がり抵抗も効いているのかなと。

では、その相反すると思われる要素のグリップやトラクションは・・・。

オンロード上ですから、まあとにかくグリップしていきます。深くバンクさせると、「ブリブリブリッ」と曲がって行きます。(タッキーなコンパウンドと相俟って、細かなノブのエッジ達が奏でている様です。)

タイヤ断面はラウンド形状、かつノブも比較的密に細かく配列されている為か、バンクさせて右へ左へと切り返して行く様な状況でも癖も無く扱い易い印象です。

 

さて、次回はいよいよオフロードへ!

 

 店長しかたに(御参考迄に最近までの使用タイヤ:MAXXISアーデントレース、アーデント、CONTINENTALマウンテンキング辺りです)

LEZYNE 小物

レザインよりクラシックチューブレスキット入荷です。

20190903_175756.jpg

備えあれば憂いなし。

スティッキープラグ5本入り。リーマーも兼ねたインサレーションツールのハンドルは何とアルミ削り出しです!

1  2  3  4  5  6