ホーム > 山梨店ブログ > DIARY > cannondale 2020 !!
山梨店ブログ

cannondale 2020 !!

こんにちは、店長の高野です!

E8x4PYxw.png

昨日はキャノンデール2020年モデルの各モデルをしっかり見てきました!

DSC_0018.JPG

DSC_0002.JPGDSC_0003.JPGDSC_0009.JPGDSC_00162.JPGDSC_0022.JPGDSC_001144.JPG

 

そして、話題の3モデルを、時間が許す限りバッチリ試乗をしてきましたよ!

店長高野が感じた簡単なレポートです。

iyLyY30A.png

軽量、エアロ、快適性の全てを手に入れた最速のロードバイク「SuperSix EVO Disc」

上りの軽さが光る中、前モデルよりも振動吸収の良さが印象的でした。

もちろんエアロ効果は絶大で、下りでのスピードの伸びは「SystemSix」に近いものがあります。

今回の試乗では平坦の巡航が試せなかったのですが、このエアロ効果でかなりの力がセーブ出来そうです!

もちろんDiscブレーキの恩恵で雨の中の下り坂もリニアに制動力が発揮するので、とにかく安心です。

上りも下りも平地もロングライドだって高次元で走れてしまう無敵のスーパーバイクですよ!

Mow1LAEQ.png

これぞ!究極のアルミレーシングマシンの「CAAD13」

正直、ここまでコストの掛かったアルミバイクは他を探してもないのでは!?

細部までこだわり抜いた結果が、アルミバイクの常識を超えたスムーズな走りに繋がったと思います。

難しいアルミフレーム×Discブレーキの組み合わせも素材と設計や製法でしっかりと仕上げたお陰で本当に乗りやすかったです。

そして、「ロードバイク(=レーシングバイク)はこうだよな!」って思える楽しいバイクでした。

これからロードバイクにチャレンジする方は是非、この「CAAD13」をお乗りください。

E5M1yjMw.png

オンロードでもオフロードでも速さと快適性を手に入れたグラベルバイク「Topstone Carbon」

リアに「KingPinサスペンション」搭載したことで、路面の追従性は素晴らしく、トラクションがしっかり掛かるので単純にバイクが暴れることなく安定して走ることが出来る。

グラベル系バイクには、まず無いだろうリアのチェーンステイの短さによって、オンロードもオフロードでも軽快にスピードを乗せて走らせることが出来るのは、とにかく速さを求めた最速のグラベルバイク「Topstone Carbon」だけ。

ロングライドとして使うのもオススメしたいモデルです!

 

簡単に試乗して感じたことを書きましたが、もっと詳細に聞きたい方やその他の各モデルについても店長の高野までお気軽にお問い合わせください!

とにかく2020年モデルのキャノンデールは凄いですよ!!

店頭にてご覧頂けるカタログもありますので、週末は是非お越し下さい!

お待ちしております!

 

cannondale 2020