ホーム > 多摩境店ブログ > ウェアー・サングラス

ウェアー・サングラス

OAKLEY EVZEROが入荷しました!

皆さんこんにちは!多摩境STAFFの森です。

本日も日差しも麗かで風も穏やか!まさにサイクリング日和ですね!

これからどんどん気温が高くなって来ますので、水分補給を忘れずに快適なライドを楽しんで下さいね!

 

さてさて本日は、オークリーの新作アイウェアのご紹介です!

 

 

 \ ドーン! /

IMG_1613.jpg

EVZERO™  PATH(アジアンフィット)

Matte White / Clear Black Photochromic (メーカー希望価格 税抜¥24,000)

  ※調光レンズ

 

 もういっちょ!

 \ ドドーン! /

IMG_1194.JPG

EVZERO™  RANGE(アジアンフィット)

Polished Black / Prizm Road (メーカー希望価格 税抜¥21,000)

 

 

 かつてのZEROシリーズが最新テクノロジー&新デザインで「EVZERO」シリーズとして登場でございます!

 

レンズが取り外しできないタイプですので、昔のZEROを気に入ったユーザーさんはきっとたくさんのZEROを買われたことと思います…(笑)

しかしZEROシリーズには、レンズの取り外しができない分、「軽量」に重きを置いてあります。

非常に軽いので弦の圧迫もほぼ無く、掛けていることを忘れさせてくれます!

 

また、フレームレスのシールドレンズ仕様なので、広い視界を確保することができるのです。eyeshine

他のサングラスだと走ってる最中にフレームがチラチラチラチラ…と視界に入ることがありますよねdash

コレが案外ストレスなものです。

目も疲れちゃいますよね~~bearing

EVZEROはそのストレスがありません!!

 

では、PATHとRANGEの違いを。

大きい違いはまさに、レンズの形状です。

IMG_4121.jpg

ちょっと試しに重ねて置いてみました。

IMG_4123-2.jpg

手前の白フレームが「PATH」で、奥の黒フレームが「RANGE」です。

「RANGE」のレンズのほうが「PATH」と比較して上方へさらに広いのがわかります。

その広さは「JAWBRAKER」を彷彿させます…!

 

また、頬を沿うラインも、少し違います。

「PATH」のほうが「RANGE」に比べてアールが緩いので、「PATH」のほうが掛けた時に頬っぺたが当たらない!という方もいらっしゃると思いますflair

 

更に細かく言うと相違点はございますが、大きい違いはこんな感じです!

 

EVZEROの魅力は、「軽量」「広い視界」ももちろんですが、Prizmレンズが付いてるモデルで2万円前半の価格が実現している点もその一つだと思います!!

今までPrizmレンズが高額で手が出せなかった…という方も、EVZEROシリーズでPrizmデビューshineをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

勿論、EVZERO以外にもOAKLEYのアイウェアはたくさん店頭にご用意しております!

IMG_1248.jpgIMG_1238.jpg

「JAWBRAKER」や「RADAR ROCK PATH」などなど。。

 

 

アイウェアは、いわば”目のプロテクター”です。

外から見える”内臓”を紫外線やケガから守るためにも、しっかりとサングラスを着用して楽しいサイクルライフをお過ごしくださいnote

 

STAFF 森

KASK

KASK「REX」が入荷です。

DSC_2569.JPG

後頭部及び側頭部のプロテクションは勿論、KASKならではのかぶり心地はこのREXにも。

DSC_2570.JPG

カメラマウントの基部もシッカリとしたもの。

DSC_2571.JPG

アジャスタブルバイザー、ゴーグルストラップホルダー等、KASKが作ったMTB専用ヘルメットの名に恥じない造りとなっています。

RACE FACE

レースフェースのウェアー、プロテクターが入荷です。

通気性抜群のソフトな生地ながら、耐久性も併せ持つ「INDY SHORT」。

DSC_0005.JPG

よりアグロなライドに最適「STAGE SHORT」。

DSC_0004.JPG

 

各種プロテクターもベルクロの位置、素材の選択等、好感の持てる造りとなっています。

DSC_0003.JPG

DSC_0002.JPG

珍しいですがこんな物もラインナップしています。レースフェース、車の座席用シートカバー。汚れたウェアでもこれならOK。

DSC_2568.JPG

本日のビギナーmtb +OUT WET

本日はビギナーmtbライドを行いました。

DSC_2237.JPG

若干の紅葉と落葉、気温も丁度良い塩梅。

 

参加メンバーは26、27.5、29と多彩な顔ぶれです。

IMG_3811.jpg

スクールを終えて初めての山ライド!という方も居られたので、林道メインで最後まで。

 

お疲れさまでした!

 

 

「OUTWET」

ロードは勿論、MTBにも!

今回使用したのは「EP2」。春先や秋、冬でも活躍するオールラウンダーです。

DSC_2238.JPG

登り等で、運動量が多く低速であるが故に、発汗量が多くなるMTB。汗が体表面に残らないOUTWETなら、下りで体が冷える事無く、より楽しめます。

パールイズミ

冬物ウェアが入荷しています。

防風性能、保温性抜群のウインドブレークジャケット。

DSC_2222.JPG

定番のモデルながら、ファスナー付ポケットや蒸れ防止の素材を要所に配してブラッシュアップ。

 

 

ストレッチウィンドシェルは高い伸縮性を持ったウィンドブレーカー。

DSC_2223.JPG

ボディにフィットし易い為、風の影響も受けにくくなります。小さくコンパクトに畳めるので携帯にも大変便利です。

DeFeet

スマートフォンのタッチスクリーンにも対応するデュラグローブ。

DSC_2224.JPG

高性能な素材クールマックスを使い、薄手ながら蒸れ知らずの保温性能を有します。見た目に惑わされず選択して欲しい逸品です。

 

アームカバーもデュラグローブと同じ素材によって作られています。

DSC_2225.JPG

ズレ落ちにくくフィット感、保温性にも優れています。

Shimano ウインター

シマノより冬物のシューズカバー、グローブが入荷です。

価格と機能のベストバランスのウィンドストッパーグローブ、より低温時に活躍するリフレクティブサーマルグローブ。

DSC_2147.JPG

防風防水機能を兼ね備えたネオプレーン素材のシューズカバー。パネルの切り返しが上手くシューズにフィットします。

DSC_2148.JPG

早めの冬支度で快適に冬を走りましょう!

OUT WET

今年もやって来ました。OUT WETのアンダーウェア群です。

DSC_2153.JPG

その良さに感動してラインナップをコンプリートした方も!?

これから冬に向けて高機能アンダーウェアが大活躍する季節がやって来ます!

SIDI

SIDIの2016モデル「ジェニウス5FIT CARBON」が入荷して来ました。

DSC_2146.JPG

カーボンソールとベルクロ2本×キャリパーバックル、ロリカレザーと鉄板の組み合わせです!

DSC_2145.JPG

店頭ではジェニウス5をメインに取り揃えておりますがその他モデルもお取り寄せ可能ですので是非ご相談下さい。

ビギナーロードライド+オークリー

本日はビギナーロード。

登りも下りも有りましたが、一路休憩地点迄。

生憎の天候の変化でしたが初参加の方も含め、皆様無事に帰店出来ました!

 

DSC_1981.JPG

オークリーのプリズムロードレンズを使用してみました。

図らずもビギナーロードながら、曇り、小雨、青空と目まぐるしい天候の変化にて試せました。これは・・とても好い・・。

是非お試し下さい。

DSC_1982.JPG

こちらプリズムトレイルレンズも秋口から始まるMTBライドに是非!

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8