ホーム > 多摩境店ブログ > ロード(完成車・フレーム)

ロード(完成車・フレーム)

TOP STONE!

2020モデル、キャノンデールTOP STONE CARBONが入って来ました!

20200111_154808.jpg

ダート走行を前提とするだけ有り、各部の造形はマッシヴ。また特徴あるサスペンションを活かす造り。

20200111_154817.jpg

勿論、キモであるキングピンもばらしてチェック。ベアリングが内包されていますがその付近のパーツ群、固定方法も同社MTB譲りの動作を妨げないもの。

20200111_154831.jpg

ダウンチューブからBB付近のボリュウムも頼もしい限り。

20200111_154842.jpg

今なら店頭にて実車を御確認頂けます!

20200111_154916.jpg

 

おまけ:このTOP STONE、ドロップハンドルですが油圧ディスクブレーキやサスペンション機構、Aiオフセット、チューブレスシステム等々、従来のドロップハンドル車には無い、新機軸満載の車体です。

昨今のディスクブレーキロードにも言える事なのですが、組立にもそれなりのノウハウが必要になって来ます。

ただ、MTBのディスクブレーキやフロントサス、リアサス等に比べれば、それほど大儀と感じる事も無く、むしろ私共のスキルが生かせる組立甲斐の有る車体だなあという感じです。

何度か記載していますが、自転車は「車両」で公道を走行する乗り物でもあります。

また、更に過酷な状況下や高速域で機能する様な車両達でもあります。

車体の購入にあたっては、しっかりした組立や購入した後のメンテナンスも含めて御検討して頂ければ。より良いサイクルライフが送れるかと思います。

皆様の諸々の御相談、お待ちしております!

 

店長しかたに

令和元年最後のバイク紹介!

こんにちは、スタッフの金子です。

年内最終営業日にして、待ちに待った話題のバイクのご紹介です!

何とか年内にご紹介出来ました。。。

 

IMG_0563.jpg

CANNONDALE SUPER SIX EVO SRAM FORCE E-Tap

2020年モデルの注目株!SUPERSIX EVOのSRAM E-Tap仕様完成車です!

IMG_0565.jpg

ワイヤーのフル内装化や30%以上もの空気抵抗削減を果たしたフレームシェイプにより、その走りは更に機敏に鋭く、かつ上質になりました。

 

IMG_0566.jpg

カタログではリアスプロケット10-28Tと記載されておりますが、実車には10-33Tがアッセンブルされてました。

フロントは48-35Tなので、かなりのワイドレンジです!

上り坂もスイスイ進んでくれるでしょう!

IMG_0567.jpg

サドルはPrologo Dimension 流行りのショートサドル。

今の時代に合った嬉しいチョイスですね。

勿論シートポストは振動吸収性に優れたHollowGram SL 27 KNOT カーボンシートポストです!

IMG_0568.jpg

ハンドルもカーボンのHollowGram Saveハンドルです!

私も使ってますが、びびり振動も少なく快適ですよ♪

 

IMG_0569.jpg

足元を支えるのはHollowGram 35カーボンホイール!

35mmハイトと使い勝手もよく、しかもチューブレスレディにも対応した妥協の無いホイールです!

 

IMG_0564.jpg

ワイヤーのフル内装化や無線電動コンポーネント、そして細部に渡る妥協の無いパーツチョイス。

このバイクこそ時代の最先端を行く、まさにSUPERなロードバイクです。

是非御検討下さい!

2020モデル CAAD OPTIMO

2020モデルのCAAD OPTIMO入荷です!

20191221_121650.jpg

デザインやカラーリングも2019とはガラリと変わり、こちらMDNカラーと相俟って落ち着いた雰囲気です。

20191221_121716.jpg

シマノSORAをメインコンポにエントリーロードとしては抜かりの無い仕様。

スタッフ金子をして、「某カーボンバイクより走る」と言わしめる程のポテンシャルを秘めています!

20191221_121729.jpg

サイズ:44 カラー:ミッドナイト(MDN)

cannondale SuperSixEvo Hi-Mod入荷!

ついにやって参りました! 

「Rapha」ロゴも眩しく、レプリカカラーも艶やかなキャノンデールSuperSixHi-Modのフレームセット!

20191206_195225.jpg

2020モデルにてフルモデルチェンジを果たしたSuperSixEvoのハイモジュラスカーボンバージョンです。

20191206_195512.jpg

空気抵抗の低減、SystemSixで培われたエアロ形状をミニマルに落とし込み、尚且つライダー側つまり縦方向への柔軟性はシナプスカーボンをも凌駕する。

20191206_195430.jpg

相反するかと思われる、速さと快適さの両立。それが2020 SuperSixEvo Hi-Mod。

20191206_195241.jpg

入荷サイズは「51」。前後アクスル、シートポスト、ヘッドパーツ小物、各種グロメットが付属しています。

E-BIKE

現在、YOUCAN一部の店舗にてインプレッションや試乗車の有無等をお伝えしているE-BIKE。

今後、スポーツ車カテゴリーのひとつとして確実に地位を築いて行くであろう、このE-BIKE群の現在未来を確認、体験すべく本格的なフィールドにて試乗して参りました。

20191113_093217.jpg

20191113_142223.jpg

試乗会にはもちろんE-BIKE(グラベルロード系、クロスバイク系、マウンテンバイク系)が有り、中には通常のバイク(マウンテンバイクやクロスバイク)も並んでおり、同様に試乗する事が出来ました。

20191113_142325.jpg

20191113_142315.jpg

E-BIKEで出来る事、そのメリット、バッテリー、ユニットの特性、E-BIKEじゃないBIKEの良いトコロ、その他諸々・・。

20191113_142246.jpg

お伝えしたい事は山ほど有りますが少しだけ・・スポーツE-BIKEなどと言いますが、そのメリットは早く走る事では有りません。(中には早く走る事を命題にした車種も有りますが)

兎に角、ラクチンに。その一言に尽きます。そこで生まれた余裕をどの様に使うかは乗り手次第。更なる距離と時間を延ばすも良し、他のアクティヴィティに使うも、お仕事に生かすも良し。

未だ見ぬ景色を、はたまた諦めていたあの景色を自らのペダリングで・・。

20191113_142236.jpg

御興味が有りましたら何なりと御相談下さい。

20191113_132634.jpg

店長しかたに

NEW! ! SCOTT ADDICT RC 30!!!

こんにちは、スタッフの金子です。

 

 

SCOTTのNEWバイクがついに入荷です!!

 

 

 じゃん!!!

IMG_0344.jpg

ADDICT RC 30

待ち望んでおられた方も多いのではないでしょうか。。。

拘りが随所に感じられる素晴らしいバイクに生まれ変わったADDICT

 

IMG_0346.jpg

特筆すべきは、このすっきりとしたケーブルルーティーンではないでしょうか。

最近のトレンドでもあるケーブルのフル内装化。

各社様々なシステムでこの内装化に対応をしていますが、多少のデメリットを含むバイクも珍しくはありません。

それほどまでにケーブルの内装化は難しいんです。。。

しかし!今回のADDICTは凄い!

徹底的に考え抜かれたシステムで、なんと機械式変速でのフル内装化に成功しております。

IMG_0345.jpg

ハンドルからステムにかけて、一切露出をしないケーブルルーティーン。

美しいですね。。。

 

IMG_0354.jpg

ハンドルもご覧の通り、制限なくスムーズに切れます。

ブレーキ、シフトケーブル共にフル内装であるにもかかわらず、角度に制限がなく動きが滑らかなのは本当に凄い!

輪行の際もハンドルをしっかり切れるので、収納しやすいと思います!

 

IMG_0347.jpg

 

ブレーキマウントにはカバーが付き、ボルト類を露出させません!

徹底したエアロダイナミクス設計でライダーの負担を極限まで軽減してくれます。

 

IMG_0350.jpgIMG_0351.jpg

メインコンポーネントはULTEGRA!

シフトのタッチ感も、ケーブルフル内装とは思えない程軽くストレスを感じさせません♪

本当に良く作り込まれたバイクです。。。

 

IMG_0353.jpg

 

フレームの素材はHMXカーボン。

高弾性な素材に改良を加えた混合繊維をバランスよくレイアップすることにより、非常に乗り心地が良く、かつ俊敏性に長けたレーシーな走りを実現してくれます!

エアロ効果も非常に高くスピードの乗りも良いので、きっといつまでも乗っていたくなる気持ちにさせてくれるはずです!!

 

 

IMG_0352.jpgIMG_0348.jpg

 

 SCOTTのプライドを感じる事の出来る、非常に洗練されたバイクADDICT。

是非店頭にてこのバイクの美しさに酔いしれてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

LOOK&Looking for~at 修善寺

お待たせ致しました。LOOKの旗艦がやって参りました。

20191008_120546.jpg

ミニマルなエアロシェイプフレームが増える中、我が道を行く。そんなLOOK 795 BLADE RSの佇まい。

20191008_120555.jpg

フレームに留まらず自社開発のコンポーネント群もLOOKらしさのひとつ。

20191008_120606.jpg

エアロポストながら豊富なシートアレンジが可能であるシートポスト、理想のワイヤールーチンや軽量高剛性実現の為の異形フォークコラム、またそれに呼応するステム、ヘッドパーツと枚挙にいとまが有りません。

フレームフォーク以外のコンポーネントもより良い性能の為にトータルで開発する。近年、幾つかのメーカーで同様のアプローチが為されていますが、古来から有るLOOK社のそれはより突き抜けたものの様に思います。

20191008_120639.jpg

店頭の795 BLADE RS 是非ご覧下さい!

 

 

 

 

 

話は変わって・・。

前回、大興奮だったオリンピックプレ大会のロードレースに続き、今月6日日曜日は伊豆修善寺にてプレイベントのマウンテンバイクのクロスカントリー競技が行われました!

その模様は!↓↓ 

プレオリンピックMTB大会!

会場の興奮が伝わって来るようですね!ワールドで活躍する、あの選手やこの選手も!!そして観客の中にも!?

現地で観戦出来た幸運な皆様が羨ましい・・。

来年の本番も楽しみですね!

店長しかたに

オススメカラー!FOCUS IZALCO RACE!!

質実剛健なドイツブランドFOCUSより、とても綺麗なカラーのバイクが入荷致しました!!

 

IMG_0127.jpg

IZALCO RACE 6.7 SORA

FOCUSのアルミバイク、IZALCO RACEのエントリーグレード6.7!

2019年カラーのBLUEですが、エントリーバイクとは思えないほど鮮やかなアルマイトブルー

(正確にはターコイズ?)です!

 

IMG_0128.jpg

2019モデルからはモデルロゴも変わり、より洗練されたイメージへと昇華されました。

 

IMG_0130.jpg

フルカーボンフォークの内側にまでさりげなくデザインが入り、御洒落さも格段にUP!

 

IMG_0129.jpg

コンポーネントはチェーンを除いてはすべてシマノ製!

SORAで統一されているので、動きも滑らかですよ♪

 

IMG_0132.jpg

価格はメーカー希望価格149,040円ですが、

YOUCANスペシャルプライス!

ぜひ店頭にて御確認下さい!

これから初ロードバイク購入を御検討されている方にはピッタリなバイクですよ!!

 

秋の行楽シーズンまであと少しmaple

綺麗な景色を綺麗なバイクで楽しみませんか!?

御来店お待ちしております!

 

スタッフ 金子

2020 CAAD13!!

2020モデル、cannondale CAAD13が店頭に!

20190727_132238.jpg

連綿と続くアルミの系譜、ついに!

20190727_132054.jpg

欧米諸国で忌み嫌われるナンバー「13」。

同時にキャノンデールとは切っても切れない数字。なぜならアルミの元素記号「Al」、そして原子番号「13」。

自分達のアイデンティティであるアルミ。その原子番号を車名に冠するからにはトテツモないものを造り出さなければならない。

20190727_132137.jpg

その命題の下、アルミのスペシャリストは、相変わらず加工が難しく高価な6069アルミを奢り、比類なき剛性、柔軟性、そしてエアロダイナミクスをも身に付けた至高のアルミバイクを送り出しました。

20190727_132043.jpg

その乗り味もまた特筆すべきモノ!

詳細は店頭にて!

JOIN  THE  ALMINATI、再び。

 

店長しかたに

2020 cannondale <所感 インプレ SuperSixEvo編>

先日行われたキャノンデール2020モデルの発表会に参加致しました。

簡単では有りますが、各種バイクの御説明と個人の印象ではありますがインプレッションを。

 

*Super Six Evo 「ジャンケンで必ず勝つには? そう、後出しすれば必ず勝てる。」

20190718_115412.jpg

UCIの規定が変更。フレーム形状の自由度が上がり、所謂エアロ形状様の空力性能を前面に押し出した、他メーカーのバイクが次々とデビューしていく中、満を持して登場した新生「Super Six Evo」。

そのカタチを初見した際の正直な感想、「キャノンデールよ、お前もか・・」。

20190718_130422.jpg

しかし形は似ていても、そのアプローチは全く違っており大変興味深いものがありました。

空力性能は現状の規定範囲でこれがベスト。

ではこのカタチに於いて他性能の向上を図る為には・・と既に完成の域に達していたかと思われていたSuperSixEvoの開発をドラスティックに敢行、完成したのが新生EVOでした。

参加したプレゼンテーションでは、ラボでの各種性能試験の結果が示されたのですが、他メーカーのフラッグシップ群も同時テスト。並み居る強豪達をことごとく上回る結果が次から次へと・・。

世に出回った新形状の各社トップエンドを徹底的に上回る為の最後発だったのか・・そう思わせる程のフラッグシップ誕生秘話でした。

そして・・・上記のプレゼンテーションで示された各数値はラボでのベンチテスト故、「また実走とは違う」と思われるかも知れませんが、次のライドインプレでは・・

「高性能を十二分に体感として享受することが出来る」

 実際に試乗してみるとキャノンデールらしさ、つまり操作感に於いてのニュートラルな特性が「らしい」。

そして全てが快適です。組み合わされるタイヤもしなやかな物が付いていますが、これはやはりフレームから来る特性の様。

驚くなかれ縦方向の柔軟性は実に同社シナプスハイモッドをも上回るという・・。

BB付近の硬さや前後スルーアクスル化による末端の硬さも余り感じません。これは逆に一部の硬さが強調されずに、超絶バランス良くまとまっている証左では無いかと・・。

曇りがちだった空から雨粒が音をたてて落ちて来ましたが、しなやかな25Cタイヤと油圧ディスクブレーキ、かつそれを受け止める躯体は雨天時においても頼もしく、ケイデンス重視でスルスルと進んで行きます。

気付けばスバルライン迄来てしまったのでそのまま進みます。ダンシングに移行しても違和感等無く、失速せずに速度を上げて行ける・・楽しいなあ!

これ程までに高性能ながら、さらりと乗れてしまう所がキャノンデールらしさか・・・。

このまま上り続けたいと思いましたが、CAAD-13とTOP STONEが待っている為、後ろ髪惹かれる思いにてスバルラインを後にしました。

CAAD13編へ続く

 

店長しかたに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長しかたに

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11