MTBパーツ

2018 CANNONDALE

 

昨日は、お問い合わせの多かったキャノンデールの展示会&試乗会に参加して参りました!

 

毎回、他社とは違う斬新な切り口で、NEWモデルが発表されますが、

今回もヤラれました・・・。

 

 

 

いろいろとありますが、少しだけ紹介。

まずは『CAAD12』

 

カーボンキラーとして名を馳せて、人気のアルミフレームとなりましたが、

なんと、カラーオーダーが可能となりました!

2018 CANNONDALE

 

これで、自分だけのCAAD12を・・・。

もう、『一家に一台CAAD12』という時代です。

 

 

そして、今回一番度肝を抜かれたのが『SYNAPSE』

 

SYNAPSEの位置づけは、もちろん変わらずエンデュランスロードバイク。

いかに快適で、乗り心地がよく、楽に、遠くまで走れるか・・・。

そこを突き詰めたバイク。

 

それじゃあ、どこまで走れるんだ?

ということで・・・

 

 

2018 CANNONDALE

 

少々、攻めてみました。

SYNAPSEはグラベルロードではありません。

生粋のロードバイクです。

 

他のディスクロードバイクでオフロードを走ると、車体は跳ね上がり、バイクは安定せず、

相当なスキルを持ち合わせてないと、走行は困難ですが、SYNAPSEは違いました。

抜群な安定性を発揮し、難なく走り抜けられます!

これには、試乗したYOUCANスタッフ全員が驚きました!

 

グラベルロード並に安定性を誇る上、ロードバイクなので軽量となっているので、

オフロードの登りもスイスイ登れちゃいます。

 

2018 CANNONDALE

 

まわりの試乗の方はキャノンデールが誇る

オフロードバイク『SLATE』

に乗って行くコースなのに、『SYNAPSE』でも

難なく走ることが可能!

 

 

 

 

2018 CANNONDALE熱いですっ!

只今、絶賛予約受付中です!

カラーオーダー等は納期がかかりますので、お早めにお願いします。

 

 

2018 CANNONDALE

 

 

 

 

 

 

店長イチオシはコレです。

一押しペダル!!

2016年モデルの情報ががチラホラと出てきましたね!

個人的に気になるのはこの2台です!

 

11231088_10204652197521211_6386511487198446533_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノンデールらしいイカした(イカレタ?)グラベルロードです。

CAAD Xらしきフレームにショートストローク化されたLeftyを装備!

ロックアウトすればLefty自体の剛性は高いので、オンもオフも快適に走れそうですね!

 

 

 

私は勝手に「車輪のある乗り物はオフロードを走るためにあるんだ!」と思い込んできましたが、世界的にシクロクロスやグラベルロードが流行っているのを見ると、あながち間違えじゃないのかなと(笑)

車もバイクも自転車も、タイヤはデコボコに惹かれます(笑)

 

 

 

 

続いてはMTBの新規格650B+を採用したSCOTTのバイクです。

max_241342_JPEG_504202.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

650B+規格というのは、650Bにチョット太めのタイヤを履かせる為にフレームやフォークを最適化したものです。

SCOTTはこのニュー規格にいち早く目を付け、それぞれのモデルに650B+を用意するそうです。

MTBは規格がどんどん細分化してきますね・・・

 

 

max_241301_JPEG_617493.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

XCモデルでも650B+!!

日本の里山では中途半端な下り系ハードテールバイク(私の好きな)より走りそうですね。

 

 

 

上りでのトラクションは凄く良さそうですね!!

下りではやっぱり少し慣れがいるんでしょうか?

とにかく乗ってみたい一台です!

 

 

前置きが長くなりましたがここからが本題!

スタッフオススメNo.1のフラットペダル、STRAITLINE DEFACTペダルが入荷しています!

20150622_153102.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

靴とのグリップ感は勿論、耐久性が非常に優れているのでガシガシ使う方には間違いなくオススメです!

メンテナンスも簡単でリペアパーツも用意されているのが嬉しいポイント!

 

 

20150622_153319.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフユモトのが5年ほど使用しているDEFACTペダル。

ダウンヒルやトレイルライドでガンガン使っているので傷だらけですが歪みもなく、メンテナンスはシールを2度ほど交換したのみで現役です!

他社のペダルでダウンヒルレースで1シーズン使用するとベアリングが消耗し、物によっては直せずに廃棄することもあります・・・

このペダルのタフさは圧倒的ですね!

 

フラットペダル派の全ての方にオススメです!

 

他のカラー、モデルも取り寄せ可能です。

SPEED PLEY Syzr 入荷

こんにちは。

いや~、昨日は盛り上がりました!!

何がって、UCI MTB WC Reogang です!

最終走者である予選一位のアーロン・グウィン選手が、スタートして一漕ぎでまさかのチェーン切れ・・・

ところが冷静に走り中間スプリットではトップ+0.8秒!!

そのままスムーズかつ攻めた走りをし続けゴールし、-0.045秒で優勝してしまいました!!

 

 

この状態のバイクをコントロールし、バイクを加速させて勝つなんてまさに超人ですね・・・

中継で見ていましたが「マジか・・・」としか言えなかったです!

朝はFBなどもこの話題で持ちきりでした(笑)

 

 

 

 

さてさてSPEEDPLEYの新商品、MTB用ペダルSyzrが入荷しました!

20150615_143854.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ロード用とは異なり、クリート保持機構を他社と同じペダル側にしています。

 

 

20150615_143742.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

シャフトはステンレス製で剛性や耐久性に優れています。

 

 

20150615_143838.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

他社と大きく違うのがこのクリート。

クリートとペダルの接地精度を改善する「Active Cleat Stabilization」テクノロジーにより横方向の安定性を向上させ、クリート前方に設けられた突起と合わせて、よりスムーズかつ確実なペダルキャッチを可能としています。
 

またリリース時のスムーズさも考慮されており、クリートの前後にローラーカムを組み込むことで雨や泥といったコンディションにおけるペダルとクリートの固着を防止しています。

SPEEDPLEYの特徴でもあるフロート角調整機能も搭載しているので、他社では調整範囲に不満があった方など如何でしょうか?

 

 

20150615_143949.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ロード用ペダル「ZERO」も在庫しています。

Demo8にBOXXER TEAM取り付け

本日のMRは宮ケ瀬から道志経由でオギノパンまで。

スタッフユモトはヘロヘロで写真がありません・・・

もう、振れ取り作業では寝ちゃいそうに・・・

 

皆様お疲れ様でした!

 

 

さてさて、噂の新商品が入荷です。

海外の辛口レビューサイトでもベタ褒めの、新型BOXXERが入荷しました!

 

20141015_115804.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

外観も中身もすべて一新。

全くの「別物」となって新登場です。

インナチューブの処理は勿論、アウターレッグの製法が変わったらしく、精度を相当煮詰めてきたとのこと。

 

20141015_115820.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプレッションダイヤルにはCHARGERの文字が。

ダンパーは完全に一新。恐ろしくスムーズでシットリと動きます。

 

ということで早速組み込み。

20141018_112335.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に付いているフォークはBOXXER RC。

 

レースカットなどの下処理をして取り付けます。

ブレーキ台座は最初から切削済みでした!

かなり「本気」の作り込みですね!

 

20141018_144622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

スプリングを赤(ミディアム)→黄色(ソフト)へ変更します。

 

20141018_155109.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークの取り付け完了!

いや~、もう、かなりカッコイイです!!

まだ馴染んでないフォークですが押すと非常にスムーズですね。

フリクションが極めて少なく、直接スプリングを押しているような感じです!

 

 

 

そのあとにブレーキもメンテナンス。

20141018_161520.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ毎週のように富士見を走っている車体。

ブレーキオイルも半年で真っ黒です・・・

 

20141018_181150.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

オイル交換して洗浄して・・・

綺麗になりました♪

 

20141018_172028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキパッドも交換します。

SAINTのパッドですが短期間でシッカリ減ってます。

ブレーキは安全にも関わる所なので早めの点検、整備をしましょう!

 

 

20141018_182850.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

完成♪

フォークが変わるとバイクもイメージも変わりますね!

 

来週末は最後の富士見に行くとのこと。

怪我なく楽しんで下さいねー!

 

META HT 組み換え

昨日はMR!

今回はゲストが登場!

10269425_559861020795111_767651974679570609_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん苦しそうに楽しんでおられます(笑)

そしてかなり暑かった!

もう「夏」の空気を感じます。

 

 

 

 

話は変わりますが、夏といえばMTBではゲレンデシーズン!

富士見パノラマや、コースを再設計中の「ふじてん」もオープンし、すでに走られた方も多いと思います。

 

ということで、ふじてんスペシャル?なバイクを組みました!

 

before

20140420_162055.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

完成車のMETA HTです。

 

 

after

20140427_121812.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイ・・・ほとんど変わりました!

チョーイイ感じです!

 

20140427_121910.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークとホイールは以前ブログで紹介したコレコレ

 

 

20140427_121934.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドル周辺はRACEFACEで統一!

ヘッドパーツは抜かりなくKING!

 

 

20140427_121833.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

コンポはZEEを使用し、チェーンリングはBlack Spireのモノヴェローチェ32T。

これからのスタンダードになりそうなフロントシングルです!

 

 

カッコよく、ガシガシ使い倒せるバイクに仕上がったと思います!!

たくさん走ってくださいね!

 

 

 

 

 

20140425_114441.jpg

 

 

 

 

 

 

里山はそろそろお休み。また涼しくなってからですね。

X-Fusion 下処理

こんばんは。

プチ残業中のスタッフYです。

 

今日はサスペンションフォークの下処理作業の紹介です。

 

今回入荷したのはX-FusionのSWEEP。

20140415_184633.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MTBのサスペンション業界の善し悪しは今まで、FOX>>ロックショックス>>>その他、みたいな感じでした。

ところが最近、「その他」に属していたX-Fusionが本気を出してきました。

シンプルな構造でスムーズな動き、メンテナンスの作業性、耐久性などを突き詰め、さらにダウンヒルのサポートを行いダブルクラウンフォークを出すなど、ここに来て爆発した感じです。

 

20140415_205750.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤル類は確実なクリック感があり、かなり細部まで作り込んでいることが分かります。

アクスル部分の作り方や切削も、他のフォークでは見たことないほど綺麗に作られています。

正直コレにはビックリ!!

海外では、わざわざX-Fusionに乗り換える人もいるんだとか!!

 

という訳で、自転車に取り付け前の下処理作業です。

 

20140415_192906.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは下玉押しが乗る部分の切削です。

 

20140415_202909.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリスリ~note

塗装や製造時の個体差で水平が出てない事があるので削り取っていきます。

 

20140415_203609.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

切削後。

綺麗になりましたshine

 

 

次はキャリパーの取り付け部分の切削。

20140415_203659.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

作業前の写真。

写真だと微妙ですが、コレまた他社のフォークでは見られないくらい綺麗に作られています。

真面目に作ってますね。

 

20140415_210208.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

切削後。

かなり精度も出ていたので、ちょっと削るだけで大丈夫でした!!

 

ちょっと作業してみて、X-Fusionはかなり精密に作られてると感じました。

これが人気になった理由かもせれませんね。

 

取り付けが楽しみだ~!!

ホイール取り付け

先日紹介した手組ホイールの取り付けです。

 

まず最初の状態はコチラ。

20140325_125349.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

既にカッコイイですが、交換しちゃいますimpact

 

20140325_125631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付けるローターはRT99。

リアは180mmでしたが203mmに大経化!

 

20140325_125733.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

アルミがサンドイッチされてるの分かります?

ラジエターフィン採用で、従来のアイステクノロジーローター+専用パッドより制動時の最高温度を50℃も低減しました。

ちなみにノーマルローター+ノーマルパッド比では150℃も発熱を抑えています!

 

 

スプロケットとタイヤを移植したら取り付け!!

20140325_140259.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

オオォォォ-!個性的でカッコイイじゃないですかーshine

 

DHバイクでもホイールを「良い」物に変え剛性が上がると、路面の状況が分かり易くなったり反応が良くなるので操作性が向上します。

さらに手組みホイールは個性を演出できるのも良いところ!

 

 

 

えっ!?ブレーキが付いてないって?

気づいた方は鋭い!

進化はまだ止まりません!

また次回紹介します!!

派手~

最近何かと話題のSUPACAZ(スパカズ)よりバーテープとグリップが入荷しました!

 

このメーカーの特徴は、

2014-02-19 12.27.26.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく 派手!!

 

で、このSUPACAZというメーカーは、スペシャライズド創業者マイク・シンヤード氏の息子であるアンソニー・シンヤード氏が2012年に立ち上げた新ブランド。

今まで無かった「ハイクオリティなグリップ、テープ」という、新しいジャンルに挑戦しました。

 

 

layer-img.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3層構造により、バーテープに必要なグリップ力、クッション性、耐久性など飛躍的に高めています。

見た目だけでないのがSUPACAZの魅力です♪

 

 

でも、やっぱり・・・

 

2014-02-19 12.26.49.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

派手です!!

 

 

20140219_120612.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2トーンカラーもあります。

2度見されること間違いなし!

 

 

2014-02-19 12.26.17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリップは全てネオンカラーでテカテカしています!

大人しそうに見える左上のGlow in the Darkカラーですが、蛍光剤入りで暗い場所で光ります。抜かりなくSUPACAZです。

 

ほとんどのグリップには色違いのロックリングが付属し、バイクや好みによって交換できるのも嬉しいところ。

 

愛車のイメチェンにいかがですか?

 

 

 

 

MAXXIS特価 

MAXXISより特価のMTBタイヤが入荷しました!

20140121_144534.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回入荷したのは26インチの物がほとんどですが、クロカン、里山で使いやすいクロスマーク、ランチェロ、アーデントなどが30%OFFとなっております!!

お早めに!

 

 

そして26日はMTB MRです!

いつもの現地に8時集合ですので、多摩境、八王子のお客様も参戦OKです!

現時点の天気予報が微妙なので、中止の場合は前日のブログで発表します。

 

 

 

 

既にご覧になった方も多いと思いますが、今日の動画♪

ストーリー性があり、良い作品です!

森の鈴

武蔵村山店のブログにもある通り、木曜日はトレイルライドに行って来ました!

20131205_114913.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気も良くてサイコーのトレイル日和!

 

20131205_114119.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間を効率的な生き物にするための、最も機能的なマシン。 とDVDで言っていました。

通勤中のラジオで学者さんが言っていましたが、人類が造った乗り物で、最もエネルギー効率がいいのは自転車だそうです!!

 

ペダルを漕げば(たまに担げば・・・)どこにでも連れて行ってくれる頼もしいヤツです。

 

20131205_123020.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金太郎さんも気分が良さそう。

 

 

で、このような高い山に入ると気になるのが、皮が剥がれている木々・・・

 

そうヤツです・・・

 

熊です・・・

 

バッタリ出会わないようにコレを付けましょう!

20131207_151227.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も「森の鈴」

カラーはゴールド、ライトブルー、パープルです。

非常に響く音色で遠くまで届くため、熊、猪避けに最適です。

また標高の低い山でも、ハイカーなどに自分の存在を知らせるために、持っていたほうが良いでしょう。

 

フックを引っ張ると音が止まるので、街で「ウルサイ!!」なんてことはありません!

 

他の店舗のお客様も、商品を移動しますので最寄りのお店でご注文下さい♪

 

 

またあんまり関係ありませんが面白い動画です!

26インチは死んじゃいねぇ~ぜ!!

 

 

でも私は最近、29インチが欲しいです・・・

1  2